盗聴・盗撮無料メール相談

弊社へ頂いた、盗聴・盗撮に関するメール相談Q&Aの一部ご紹介です。
(相談者様の個人情報は掲載しておりません。)

尚、ただいま盗聴被害、盗撮被害に関しての無料相談実施中です。
ご質問、不安、気になる事など、細かい事でも何でもメールにてご相談下さい。
可能な限りお答え致します。

弊社へ頂いた、盗聴・盗撮に関するメール相談の一部ご紹介です。
(相談者様の個人情報は掲載しておりません。)

尚、ただいま盗聴被害、盗撮被害に関しての無料相談実施中です。

ご質問、不安、気になる事など、細かい事でも何でもメールにてご相談下さい。
可能な限りお答え致します。

Free email consultation ▽


 【無料相談の一部ご紹介】

ご相談頂きましたQ&A内容の一部をご紹介致します。↓
たくさんの方のご相談ありがとうございます。
(ご質問頂いた内容は改変しておりませんが言葉の語句は一部修正して記載しております。)


[ NN=アクエリアス]さん、[都道府県=福島県]、[性別=女性]、[年齢=?]、

ご質問内容=
アパートに転居して来ました。
バス、トイレ、キッチン以外に2部屋です。
盗聴器はコンセントの中に仕掛けられているケースが多いと聞き、全ての部屋のコンセントカバーを開けて中を確認しました。
異常な物は無かったように思うのでとりあえず安心しましたが、他に仕掛けられているような場所はどのような場所がありますか?
前の住人に仕掛けられた盗聴器のせいで私が盗聴されるのはトバッチリ被害ですごく嫌です。

回答=

ご質問ありがとうございます。
部屋中のコンセントカバーを開けて中を確認するという、盗聴器に対する意識の高さは素晴らしいと思います。
ですが、厳密に言いますとコンセントカバーを外して中を確認する行為は電気工事士の資格が必要になります。
一般の方がそのような行為をするのは感電等の危険も考えられますので充分注意して下さい。
本題ですが、アパート等に越して来た場合に盗聴器がすでに仕掛けられているようなケースでは、やはりコンセントカバーの中が最も多いようです。
照明器具(天井の蛍光灯等)が入居時から付いている場合は、その照明器具内に仕込まれていたというケースも報告されています。
このように、最初から電気が流れている場所に仕掛けられているケースが最も考えられますのでそのような場所を探して頂く事をお勧め致します。
最近では家具、家電付きで入居できるアパートも増えているようですが、盗聴器類は電気を使う家電製品であれば全ての製品で仕込む事が可能です。
こうなってくると、入居時から付いている家電製品を全て分解して調べるのは不可能になりますので、基本的には家具、家電付きといったアパートは『盗聴・盗撮被害』という面からはお勧めできません。




[NN=雅]さん、[都道府県=宮城県仙台市]、[性別=女性]、[年齢=24歳]、

ご質問内容=
私は会社員(OL)をしています。
同僚の男性から盗聴されている疑いがあります。
お互いの家も知っていますが、私とその男性の家は10キロメートル以上は離れています。
私が家にいる時にこの男性に盗聴されている可能性はありますか?
盗聴器という物は電波が発信されて聞かれるという事ですが、この電波は10キロメートル以上も届くのでしょうか?
この同僚の男性が自宅に無線機(?)のようなアンテナを設置していて私の家が盗聴されていると考えるとキモチが悪いです。

回答=

ご質問ありがとうございます。
盗聴器の電波はそのような長距離は飛びません。
障害物が無く、見通しの良い状況でも100メートルから200メートル程です。
(この盗聴電波を受け取る側のアンテナや受信機の性能にもよります。)
住宅密集地等、障害物のある場所では数十メートル程度しか電波が飛ばない場合もあります。
ですが、一概に盗聴されていないとは言えません。
もし本当にその同僚男性が盗聴器を仕掛けていたとすれば、必ず自宅で傍聴しているとは限らないからです。
盗聴器から発信される電波を傍受する受信機は小型の物もあり(むしろ小型の物の方が現在では一般的です)、手軽に持ち運びできる物もあるので、この同僚男性があなた様の家の近くまで車で赴き、車の中で受信機を操作して傍受している可能性も充分考えられます。
どのような心当たりから盗聴されている疑いがあるのかまでは不明ですが、ご心配であれば一度専門的な盗聴調査を依頼されてみては如何でしょうか?




[NN=匿名]さん、[都道府県=福島県喜多方市]、[性別=?]、[年齢=?]、

ご質問内容=
電話で話している会話が盗聴されているようです。
現に「あなたが電話で話している声が聞こえたという人がいる・・」と言われました。
今のところ電話での通話内容だけが盗聴されているようですが、この盗聴器を外すにはどうすれば良いでしょうか?

回答=

ご質問ありがとうございます。
この場合の"電話での会話"というのは家の固定電話の事を指されているのだと思います。
現在の携帯・スマートフォンの電波は盗聴されませんのでご安心下さい。
(かなり旧式の携帯電話を使用している場合は盗聴可能な物もあります。)
家の固定電話の会話が盗聴されているようですが、本当に電話盗聴器が仕掛けられているかどうかは一概には言えません。
もし本当に電話盗聴器が仕掛けられていて一般の方が目視で確認できるとすれば、電話機から出ている電話線を辿ってみて、身に覚えのない怪しいボックス型の物(マッチ箱程度、消しゴム程度のプラスチックの箱)が付けられていないか確認する事が第一歩となります。
ローゼットと言われる小型の箱状の物ですが、もともと最初から付いている場合もあるのでなかなか判断は難しいかもしれませんが、ある日突然付けられた事が確信持てれば怪しいかもしれません。
しかし、そのような電話盗聴器が仕掛けられるケースよりもはるかに多いのが、コードレス電話の仕組みを知らないが為に「盗聴されてるのでは?」と思ってしまうパターンが目立ちます。
つまり、コードレス電話の電波を傍受されて盗み聞きされている事に気付いていない、というケースが多いのです。
コードレス電話の旧式の物はアナログ電波を使用して親機と子機が通信されているので、この通信されている電波を第三者に傍受されているパターンが多いのです。
親機と子機の間を通信する電波と言っても家屋の外までこの電波は流れ出しているからです。
この外部に流れ出したコードレス電話機の電波を第三者が勝手に拾って盗み聞きしているというのは気分の悪い話ですが、これは厳密に言うと『盗聴』ではなく『傍受』という意味合いで、電波の知識がある人なら誰でも傍受して聞く事ができてしまうのです。
もちろん電話での会話内容は全て筒抜けです。
これによって「電話の話し声が聞こえた・・」と言われる事があり、「もしや自分は盗聴されているのではないか?」と思い込んでしまうパターンが非常に多いのです。
この対策としては、最新式のコードレス電話機で〔デジタル電波式〕という物が家電量販店等で販売されていますので、そのような物に買い換える事をお勧めします。
〔デジタル電波式〕のコードレス電話機なら第三者に傍受されて通話を聞かれるという事はありません。
(コードレス電話機のメーカーや機種によっては、デジタル電波式ではなく〔盗聴防止機能付き〕と銘打った商品もありますが、これの大半は電波にスクランブルを掛けて第三者に音声として聞かれないように施された物です。
しかし、この電波のスクランブルは電波に詳しい者であれば解除して音声として聞く事が可能です。
まぎらわしい謳い文句ですが、あくまでも〔デジタル電波式〕という製品をお勧めします。)




[NN=kitty]さん、[都道府県=福島県]、[性別=女性]、[年齢=30代]、

ご質問内容=
携帯電話で話している会話内容は無線に詳しい人なら盗聴できると聞きました。
それ以来怖くて携帯電話で話す事に抵抗があります。
どのように詳しい人なら盗聴されるのでしょうか?

回答=

ご質問ありがとうございます。
結論から言いますと、現在の携帯電話、スマートフォンは電波を傍受して盗聴されるという事はありませんのでご安心下さい。
十数年前までの携帯電話はアナログ電波というものを使用していた製品もあり、電波に詳しい人なら他人の通話を盗聴できました。
現在ではデジタル電波というものを使用していますので、電波や無線に精通した詳しい人でも他人の通話を盗聴する事はできません。
数年前に無線の専門機関が携帯電話のデジタル電波を傍受する事に成功したという報告が一部でありましたが、完全に盗聴できたわけでもなく、まして特定の人を狙って盗聴するのは不可能だという事です。
一般の方の携帯・スマートフォンでの通話が盗聴されるという事はありませんのでご安心下さい。




[NN=deroli]さん、[都道府県=栃木県喜連川町]、[性別=男性]、[年齢=40歳]、

ご質問内容=
車の中に盗聴器が仕掛けられている疑いがあります。
盗聴器は家に仕掛けられるのが普通だと思うのですが、車にも仕掛けられるものでしょうか?

回答=

ご質問ありがとうございます。
基本的に盗聴器から発信される電波(盗聴電波)は、見通しの良い場所で100メートルから200メートルの範囲に飛びます。
もし車に仕掛けられた場合は、その車が盗聴電波の発信源になります。
しかし車は動いて移動する物体ですので、仕掛けた人間はその移動する車を常に追い掛けて、ずっと100メートルの範囲に入っていなければ電波を傍受できない事になります。
そのような行動は現実的にはなかなか難しいのではないでしょうか?
また、100メートルから200メートルの電波到達距離と言っても、少しでも障害物があったり発信源が高速で移動しながら飛ばされる電波は極端に到達距離が短くなります。
このような事から、仕掛ける側にすると一般的な盗聴器を車に仕掛けるメリットはほとんど無いのが現実で、もし実際に仕掛けたとしてもそれを傍受する事はかなり困難ですので、結果的に盗聴という行為が成立していない事になります。
携帯電話を改造した盗聴携帯という物がありますが、もし車に仕掛けられるとすればこちらの方が疑わしいかもしれません。
盗聴器として使用される媒体が携帯電話なので、移動する車内に置かれていたとしても圏外にさえならなければ全国どこにいても盗聴される恐れがあります。
しかし、この盗聴携帯はバッテリーの持続時間等に大きな難題があります。
万が一本当に盗聴携帯を仕掛けられているとすれば、頻繁に盗聴携帯の充電を行える人物、その車に出入りできる関係性の人物の仕業となるでしょう。
又、車の中にそのような物を仕掛けようとすれば場所も限られます。
シートの下(裏側)に貼り付ける、後部座席のシートの隙間に潜り込ませる、ドアのサイドポケット等の小物を入れるスペース内、足元の奥やダッシュボード下の空洞となったスペースや配線等が巡っている部分、など、そのような隠して置ける場所を目視にて確認してみる事をお勧めします。
エンジンルーム内や車の外に仕掛けられるという事はありません。
車外に盗聴携帯(盗聴器)を取り付けても車内の会話や音声を拾う事はできません。




[NN=匿名]さん、[都道府県=福島県郡山市]、[性別=女性]、[年齢=?]、

ご質問内容=
会社員(事務職)をしていますが、女子更衣室や女子トイレに盗撮カメラが仕掛けられているようで怖いです。
会社内では噂になっています。
怪しい上司(男性)が一人いて、休日にはよく秋葉原へ行っているようですので盗撮カメラ等にも詳しい感じです。
同僚が残業で遅くなった時に、その上司がコッソリ女子更衣室から出てくるのを目撃した事もあるそうです。
ほとんどの社員が帰った後にコッソリ女子更衣室に忍び込んでいるのかと思うとゾッとします。
私達女子社員の2~3人で協力してお金を払い、業者の方へ盗撮カメラの撤去を依頼しようかとも思いましたが、会社内で撤去してもらうとなると簡単に外部の人間を入れる事ができません。
外部の人間を社内に入れるとなると上司の許可が必要ですので、この上司が犯人だとすると意味がありません。
業者に撤去依頼した事がバレたら何か逆恨みされそうで怖いです。
上司にバレずに私達だけで撤去する事はできないでしょうか?
一応、更衣室の隅々まで簡単には探してみましたがカメラのような物は発見できませんでした。
秋葉原に売っている盗撮カメラは小型で見つかりにくいという話ですが、私達のような素人では探し出すのは無理なんでしょうか?

回答=

ご質問ありがとうございます。
社内に盗撮カメラが仕掛けられている疑いがあるという事ですが、もしかしたら仕掛けたのは上司かもしれないのでこの上司にバレずに撤去したいとのこと。
不可能ではありませんが一般の方では難しいのも事実です。
もし無線式の小型カメラを仕掛けられていたとすると、超小型ですのでやぶからぼうに探してもラチが明きません。
この場合は盗撮カメラから発信される電波(盗撮電波)を追い掛けて発見調査をする事になりますが、この電波を傍受する機械は少々値が張りますので、一般の方が購入するには抵抗があるでしょう。
発見するには、この電波や盗撮カメラについての知識も必要になります。
我々のような発見業者が社内に入れないとなると、会社の建物の外から発見調査を行う事になります。
会社の建物の直近まで近付く事ができれば一応調査は可能です。
多少は発見の精度が落ちますが、見つけられる可能性も高いと思います。
しかし、その仕掛けられている盗撮カメラが無線式ではなく、小型の据え置き型(録画式)でカメラ本体のみで撮影と録画もできるタイプの物だと電波を発しない為、会社の建物の外から電波を探索しても無意味という事になってしまいます。
このような据え置き型(録画式)のカメラは、実際にその室内にて目視にて探さなければ発見する事は難しい物です。
このような場合、あまりお勧めはできない方法ではありますが逆転の発想で調査するという方法もあります。
完全にこの上司が怪しいと確定できるのであれば、逆にこちら側で超小型のカメラをその女子更衣室にコッソリ設置してしまうという方法です。
超小型カメラの購入、見付からないような設置場所、稼働時間や録画された映像のチェック等々、
費用と手間隙、段取りを考えなくてはなりませんが社員の仲間内だけで調査する方法の1つの案です。
こちら側が仕掛けたカメラの映像にその疑わしい上司の行動が映れば女子更衣室内で何をしていたのかが判明し、及びそれ自体が証拠となるでしょう。
うまくいけば、その上司が盗撮カメラを仕掛けた場所も把握できるかもしれません。
しかしこの方法は "他の社員のプライバシー" と "従業員の倫理" という大きな問題も絡んできます。
自分のプライバシーを護る為に他の従業員のプライバシーを侵すような事に成りかねないという事です。
たとえ女子社員全ての承諾を得られて女子更衣室へカメラを設置する事ができたとしても、犯人の把握ができなかった場合は上司から問題行為として問われる可能性も有り得ます。
確実に犯人が判っていて、あとは証拠の映像を撮影したいだけという最終手段での方法であり、安易に行う事はお勧めしません。
社員の規則やプライバシーの問題という複雑な問題も絡んできますので、この方法は弁護士等の法の専門家の相談の後に実施を検討する方法とも言えます。




[NN=匿名]さん、[都道府県=神奈川県横浜市]、[性別=男性]、[年齢=?]、

ご質問内容=
何度か家に入れた事がある知り合いに盗聴されています。
間違いなく心当たりもあります。
その知り合いは、絶対に知るはずのない僕の行動を知っていたりします。
その知り合いをAとすると、A以外の仲間3人でカラオケに行った事を知っていて、「この前3人でカラオケ行ったでしょ?」とズバリ指摘されました。
怖くなってこの仲間3人に確認してみましたが、誰もAには言っていないと言いました。
誰にも話した事が無くて家の家族内だけで話していた事も、Aは知っていたという事もありました。
他にもこのような事が何回かあったので、Aは僕の家に入った時に盗聴器を仕掛けたんだと思います。
電気屋に盗聴発見器という物があったので購入して家の中を探してみると、パソコンに近づけたときに反応しました。
パソコンの中に盗聴器を仕掛けられたんだと思うのですが、分解して取り外す事は可能でしょうか?
パソコンを分解したりバラしたりした事はないのですが、中を見てどれが盗聴器であるかスグに判るものでしょうか?

回答=

ご質問ありがとうございます。
まず、盗聴発見器という物を購入して家の中を調査したという事ですが、その盗聴発見器はどのような物でしょうか?
「反応した」という文面から推測しますと2~3,000円程度の簡易式の発見器ではないかと思います。
そのような簡易式の発見器は正確には『盗聴器の発見器』ではなく、『電波の発見器』である事を認識しなければなりません。
電波だけではなく電磁波にも反応しますので、比較的強い電磁波を発生しているパソコンに近づけた為に反応した可能性が高いと思われます。
(そのような簡易式の盗聴発見器につきましては、当ホームページ内の「~コラム~ 簡易発見器について」のページにて詳しくご紹介しております。)
パソコンはもちろんですが、モデムやルーター、テレビ、蛍光灯や電子レンジ等の家電製品からは必ず電磁波は出ています。
良くあるケースは、そのような簡易発見器が家電製品の電磁波に反応を現わすことによって「自分の家は盗聴器だらけだ・・」といらぬ不安を抱いてしまうというケースが目立っているのも事実です。
このような事からも、簡易式発見器の反応を100パーセント信用するのは間違いであるとも言えます。
ただ、逆に言えば簡易式発見器で家中を探したが全く反応しなかったので「盗聴器は無い!」と簡単に決め付けてしまうのも危険です。
簡易式発見器はあくまでも電波や電磁波の有無を参考程度に確認できる製品である、と認識した方が良いでしょう。
又、パソコンの内部に盗聴器を仕掛けられた疑いがあるとの事ですが、パソコン内に盗聴器を仕込むのは簡単な事ではありません。
かなりの専門知識と分解して仕込む時間がないとかなり難しい作業ですので、その怪しいAという人物にパソコンを貸して渡した事があるような場合でなければまず無理でしょう。
自宅に訪問したAがあなた様の目を盗んでサッと取り付けるような事は困難です。
更に、そのAという人物は電気や電波について詳しい人物であるか、などを鑑みるとおそらくパソコン内に仕掛けられている事はまずないと思われます。
そのAという人物が本当に盗聴器を仕掛けて情報を得ているかどうか、この段階では何とも言えませんが、可能性として最も高いのはパソコン以外の場所に盗聴器を仕掛けているという事です。
一度でも家の中に入った事がある人間であれば盗聴器は簡単に仕掛ける事ができるのも事実ですので、明らかにそのような疑いがある場合は一度専門的な調査を依頼してみる事をお勧めします。




[NN=ぱとす]さん、[都道府県=福島県]、[性別=女性]、[年齢=28歳]、

ご質問内容=
以前付き合っていた彼からのプレゼントの事です。
付き合っていた当時に誕生日に貰った物なのですが、別れて2年以上経った今でも飾っています。
別に未練がある訳ではないのですが、木製の土台の上にクリスタルでできた置物で、高価な物なので捨てずに飾ってあります。
高さ20cmくらいで奥行きが10cmくらいの物ですが異様に重いです。
こちらのホームページで盗聴器はどのような物にでも仕込む事が可能であると知り、そして恋人へのプレゼントに盗聴器を仕込んで贈るようなストーカーのような人間がいる事も知り、とても勉強になりました。
考えてみると、付き合っていたその彼は束縛がひどくてストーカーのような性格をしていました。
今になって考えるとちょっと怖くなったのでこの相談のメールをした次第です。
機械音痴の人だったので盗聴器までは仕込むような事はないと思いますが、やはり念の為にこの置物は捨てた方がよいでしょうか?
もしかしたら別れて2年以上経つ今でも彼の方は未練があって、コッソリ盗聴されていないかと不安です。

回答=

ご質問ありがとうございます。
以前交際していた方に貰った置物という事ですが、その置物は電気や電池を使用する物でしょうか?
コンセントに繋いで光ったり動いたりする物であるとか、時計が付いていて電池で動いているとか。
電池を使用している物であれば、妙に電池の消耗が早くて頻繁に電池交換をしているとか。
確かに現在の盗聴器は超小型でどのような物にでも仕込む事は可能ですが、この盗聴器を動かすには(盗聴器が稼働するには)必ず電気(電池)が必要です。
その置物自体に電気や電池が使われていれば内部に仕込まれた盗聴器はその電気を横取りして稼働する事ができます。
しかしその置物に電気も電池も一切使われていなければ、もし内部に盗聴器が仕込まれていても稼働する為の電気が無いので盗聴器としての役目を果たしていないでしょう。
電気も電池も使用していない置物で、その内部に乾電池式の盗聴器を仕込んであったとしても2年以上経過しているとの事ですので、盗聴器の電池は完全に消耗していてこれも盗聴器の役目は果たしていません。
(一般的な乾電池式の盗聴器では長くとも2週間~3週間が電池持続のリミットです。)
このことから、その置物が電気も電池も使用していない物であれば盗聴器は仕込まれていない、もしくは贈られた当時に盗聴器が仕込まれていたとしても電池切れで現在は作動していない、と結論する事ができます。
問題は、その置物がコンセントに繋いだり乾電池を使用して何らかの動作をしている置物の場合です。
もしその置物内部に盗聴器が仕込まれていて、置物自体が使用するはずの電流を横取りするような形で接続されていたとすると盗聴器は稼働できます。
この場合は実際にその置物を分解してみるとか、専門的な調査を行ってみないと盗聴器の有無は確実な事が言えませんので、電気や電池を使用せずに単なる置物として飾っておくか、専門的な調査をご検討頂いた方が良いかのどちらかになります。




[NN=dot'chマコト]さん、[都道府県=東京都]、[性別=男性]、[年齢=46歳]、

ご質問内容=
家が盗聴されているような心当たりがあって、仲の良い友人に相談してみました。
するとその友人は、たまたま受信機という物を持っていて、「ラジオやテレビの音声等、様々な電波が聞けるという物なので盗聴器の電波も見つける事ができるのではないか?」とのこと。
それで早速借りてみようと思いました。
またこの時、友人が録画していたテレビの盗聴発見の番組も見せてもらいましたが、それによると盗聴器があった場合は受信機が「キュィーン!」という嫌な音が鳴るのでスグに判るという事でした。
そして私は家に帰って早速試してみました。
受信機の電源を入れて全ての部屋をウロウロと回ってみましたが、特には「キュィーン!」というような音は鳴りませんでした。
隅々まで受信機を持って行ってみましたが全く鳴らなかったので盗聴器は無いという事でしょうか?
でも気になる事があって、この受信機にラジオのFMは数回入ってくるのですが、ある一部屋内だけ雑音混じりのFMが入ってきます。
「キュイーン!」という音は鳴っていませんが、この部屋は怪しいという事でしょうか?
もしこの雑音の混じる部屋に盗聴器が仕掛けられているとしたらどうやって仕掛けられている場所を特定すれば良いのでしょうか?

回答=

ご質問ありがとうございます。
まず受信機についてですが、どのような受信機でどのような周波数の範囲を聞く事ができる物なのかが重要です。
受信機と名の付く物全てが盗聴器から発せられる『盗聴電波』を受信して聞けるという訳ではありませんのでご注意下さい。
又、テレビ番組で盗聴器の発見業者が盗聴電波を探して街中を回る、といったものが度々放送されていると思います。
盗聴電波を傍受するとそこから家を特定し、そして飛び込みで訪問します。
この盗聴器を撤去する時に受信機という物を持って部屋内を探索すると、受信機から「ピュー」とか「キュイーン」といった音が発生するので仕掛けられている場所が判る、という内容が主だと思います。
この時の「ピュー」とか「キュイーン」と発生する音はハウリングと呼ばれます。
確かに盗聴器が仕掛けられている場所の特定にはこのようにハウリングさせる手法も非常に有効ですが、しかしこのハウリングは盗聴器と受信機が近付けば必ず発生する訳ではありませんのでご注意下さい。
盗聴器は電波を発信しています。
この発信された電波には必ず周波数というものがあります。
そして、この電波を受け取る側の受信機も、この発信されている電波の周波数と同じ設定にしなければ電波を受け取る事ができません。
つまり発信されている盗聴電波の周波数と受け取る側の受信機の周波数設定が一致して、初めてお互いが繋がれた状態になります。
このように、盗聴器⇒⇒⇒受信機が一致して繋がれたもの同士を近付けると音声が共鳴してハウリングという音が発生すると理解された方が良いでしょう。
又、このハウリングという現象は周波数の問題だけではなく、盗聴器からの電波の強さや受信機のボリューム調整にも関係しているものです。
従って、全く何の設定もしていない受信機を盗聴器に近付けただけではハウリングは一切起こらないのです。
受信機に電源を入れて部屋中を探し回ったが、何の反応も無かったので盗聴器は仕掛けられていないと判断するのは間違いです。
やぶからぼうに受信機だけを振り回してみても何の反応も無いのが普通なのです。
テレビ番組等ではハウリングしている部分だけをピックアップし、いとも簡単に盗聴器を見付け出しているように見えますが、実際には簡単にハウリングだけさせている訳では無いのです。
編集等で放送内容はカットされていると思われますが、ハウリングさせる為の設定や調節を行ってから初めてハウリングが発生するという事です。
(事前に受信機側を主に流通している盗聴器の周波数に合うように設定しておいて街中を探索している訳です。)
又、ラジオのFMについてですが、1つの部屋で雑音混じりになるという現象は盗聴器とは無関係と思われ、たまたまその1部屋だけFMの電波が届きにくい場所(構造)であると考えられます。
現時点でのご相談頂いた内容だけですと本当に盗聴器が仕掛けられているか不明ですので、ご心配であれば一度専門的な調査を依頼されてみてはいかがでしょうか?





ただいま盗聴被害、盗撮被害に関しての無料メール相談実施中です。

ご質問、不安、気になる事など、細かい事でも何でもメールにてご相談下さい。

可能な限りお答え致します。


■ご相談は、もちろん匿名で結構です。
返信させて頂くメールアドレス以外の個人情報は一切必要ございません。
(できましたら[ニックネーム]、[都道府県]、[性別]、[年齢]をお願い致します。)

■こちらへご相談頂きました内容は、当ページ↑上記の【無料相談の一部ご紹介】にて公開させて頂く場合がございます。
予めご了承下さい。
(個人情報は一切公開しませんのでご安心下さい。)

■返答内容により長文になる場合もございます事をご了承下さい。

■ご相談頂きましても、その後に調査の催促や勧誘等は一切行っておりません。
ご安心の上、お気軽にご相談下さい。

■ご相談は無料となりますが、メール送受信時の通信費(ネット接続料、パケット通信料等)はご相談頂く方ご自身の負担となります事をご確認下さい。


メールはこちらからどうぞ


■こちらへメールを頂く際は「@detective-akatuka.com」からの返信メールを受け取れますよう、設定等のご確認をお願い致します。



ただいま盗聴被害、盗撮被害に関しての無料メール相談実施中です。

ご質問、不安、気になる事など、細かい事でも何でもメールにてご相談下さい。

可能な限りお答え致します。

■ご相談は、もちろん匿名で結構です。
返信させて頂くメールアドレス以外の個人情報は一切必要ございません。
(できましたら[ニックネーム]、[都道府県]、[性別]、[年齢]をお願い致します。)

■こちらへご相談頂きました内容は、当ページ↑上記の【無料相談の一部ご紹介】にて公開させて頂く場合がございます。
予めご了承下さい。
(個人情報は一切公開しませんのでご安心下さい。)

■返答内容により長文になる場合もございます事をご了承下さい。

■ご相談頂きましても、その後に調査の催促や勧誘等は一切行っておりません。
ご安心の上、お気軽にご相談下さい。

■ご相談は無料となりますが、メール送受信時の通信費(ネット接続料、パケット通信料等)はご相談頂く方ご自身の負担となります事をご確認下さい。

メールはこちらをタップ


■こちらへメールを頂く際は
「@detective-akatuka.com」からの返信メールを受け取れますよう、設定等のご確認をお願い致します。