ご覧のページはSmart Phone pageです。
福島県・郡山市・須賀川市・白河市・矢吹町・西郷村・泉崎村・中島村・棚倉町・石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町・塙町・鏡石町・天栄村・田村市・本宮市・会津若松市・いわき市、などの調査なら「あかつか探偵事務所」へ!! 福島県・郡山市・須賀川市・白河市・矢吹町・西郷村・泉崎村・中島村・棚倉町・石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町・塙町・鏡石町・天栄村・田村市・本宮市・会津若松市・いわき市、などの調査なら「あかつか探偵事務所」へ!! 

本文へスキップ
低料金に自信!!
調査料金後払い制!!
探偵社口コミ
福島県1位獲得中!!
浮気・不倫調査から
 盗聴調査まで、
福島県の調査なら
お任せ下さい!!

福島県矢吹町    .

あかつか探偵事務所



This Page↓           .

浮気調査メニューA

- 浮気の参考データ -

浮気の参考データページ

   浮気の統計データ

 浮気している事は明らか・・・
 でも相手はいったい誰・・・?
浮気相手がどこの誰か判らない場合は不安も増すものです。
もちろん当方の調査にて浮気相手の素性も突き止め可能ですが、↓以下には統計データとして浮気のパターンをまとめてみました。
参考としてご覧下さい。
(こちらのグラフデータは、過去の弊社浮気調査の統計データ集計です。)




 浮気のパターン、きっかけ・・・
    浮気相手で最も多いのは?

だんとつで同じ会社の人物、同僚、仕事関係での人物という集計結果が出ました。
(当社集計結果)
中には、浮気相手が会社に来ているアルバイト員というパターンもあり、学生アルバイトを愛人としていて会うたびにおこずかいを渡していたらしい・・・
というものまで。
こうなるともう援助交際の域ですね。
(当社の過去の実例)
同じ会社内の人物でなくとも、頻繁に会社に出入りしている取引先の人物といったケースもあるようです。

仕事以外の知人や友人の中には元彼、元彼女といった場合も多数含まれています。

風俗関係の女性と不倫の関係になったパターンはなぜか長続きしないという傾向がみられました。

習い事や通い事は自らすすんで行っているものですが、時が経つと飽きがくるのも人情。
飽きがきて休みがちになっていた、面倒くさい感じで行っていたという人が急にヤル気満々で率先して行くようになったら要注意かもしれません。

その他の中には様々なパターンがみられますが、生命保険のセールスレディと不倫関係になるケースが異常に多いというデータ、統計があります。
セールスレディの身体が目当てで見返りに保険に加入するといった、いわゆる『枕営業』と言われるパターンがきっかけでズルズルと身体の関係を持ち続けてしまうというケースです。
セールスレディ側は身体の関係さえ継続していれば保険を解約されなくて済むし、基本的には会う度におごってもらえる・・・
不倫の男性側とすれば毎月の保険料さえ払っていれば性欲を満たしてくれる便利な女性が居てくれる・・・
両者共に利点が発生しているといったところなのでしょう。





浮気調査のご依頼が多い年代は?

こちらのデータは、当方へご依頼頂いた方々の年齢別集計結果です。
(依頼者様の年代)
一概には言えませんが、比例して浮気しやすい年代と言う事もできるかもしれません。
やはり30代〜50代の方が最も多いです。

当方へご依頼頂く方は様々な年代、職業、主婦の方等がいらっしゃいます。
調査依頼の内容もいろいろ・・・
どうぞお気兼ね無くご相談下さい。





一番最初に「浮気かも?」と感じたのはどんな時?

こちらも依頼者様との面談、打ち合わせの中で伺った当社集計のおおよその結果です。

やはり最初に「怪しい・・・」と気付くのは帰りが遅くなりがちな時のようです。
もちろん言い訳は『残業』や『仕事の付き合い』でしょう。
外泊が増えて帰ってこなくなるような場合は『出張』や『呑んでしまったので駐車場で寝てから帰る』といった言い訳が多いようです。
なかには『遠方の知人が亡くなったので泊りがけで葬式に出てくる』といった言い訳もありました。

携帯電話に関する行動の変化は非常に判りやすく、浮気の兆候も顕著に現れます。
『突然ロックがかかっていた』、『こそこそメールを打っていた』、『急に手離さなくなった』等、明らかに今までと違う変化に気付きやすいです。
メールを盗み見たら明らかに浮気している内容の遣り取りをしていたというケースも非常に多いパターンですが、もうこうなると〔怪しい・・・〕では無く〔浮気確定だ ! 〕といったところかもしれません。





では、浮気に気付いた時に問い詰めましたか?

続いては、そのような「浮気かも・・・?」と気付いた時に相手に対してどのような行動を取ったかという質問です。
最も多いのは何も問い詰めずに話題にも出さなかったという回答です。
実はこれが大正解。
本当に浮気しているかどうか確信が持てないので、変な事を話すのは相手に悪い、という感情もあるでしょうが、最も大事なのは相手に警戒心を与えないという事です。
少しでも相手が「もしかしたら浮気している事に気付かれたかも・・・」と警戒してしまうと、その後に決定的な証拠を押さえるのが非常に困難になってしまいます。

「明らかに浮気している ! 」と思ってもグッと我慢して、決定的な浮気の証拠を掴むまでは絶対に問い詰めず、何も話さないようにしましょう。


浮気の怪しい兆候が見られても、
確実に浮気の事実を掴むまではこちらは知らないフリをして、相手に自由に行動(浮気)させておくのが鉄則です。

警戒心を持たずに自由に行動(浮気)している人物を調査する方が最も証拠を掴みやすく、最も効率的な調査に繋がります。


パートナーの行動が不審な時、
浮気調査は
" 相手を問い詰めずに "
" 相手に悟られないよう "
コッソリと !!

が基本です。
相手に警戒心を与えないよう、まずは『確実な証拠の取得』を第一に考えましょう。


周りの知人や友人に相談するという事もあまりお勧めはできません。
誰と誰がどこで繋がっているか判らない時代です。
極端な事を想像すれば、その相談した知人が浮気相手だった・・・
といった事も可能性としては0パーセントではないのです。
本当に信頼できる人間にしか話してはなりません。




ご覧のページは smart phone page です。

PC-WEBサイトはこちら↓
http://detective-akatuka.com/
(キャリアによりUA判別される場合がございます。)

copyright©2006〜up to now.
あかつか探偵事務所 all rights reserved.