ご覧のページはSmart Phone pageです。
福島県・郡山市・須賀川市・白河市・矢吹町・西郷村・泉崎村・中島村・棚倉町・石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町・塙町・鏡石町・天栄村・田村市・本宮市・会津若松市・いわき市、などの調査なら「あかつか探偵事務所」へ!! 福島県・郡山市・須賀川市・白河市・矢吹町・西郷村・泉崎村・中島村・棚倉町・石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町・塙町・鏡石町・天栄村・田村市・本宮市・会津若松市・いわき市、などの調査なら「あかつか探偵事務所」へ!! 

郡山市〜須賀川市〜白河の浮気調査なら「あかつか探偵事務所」
低料金に自信!!
調査料金後払い制!!
探偵社口コミ
福島県1位獲得中!!
浮気・不倫調査から
 盗聴調査まで、
福島県の調査なら
お任せ下さい!!

福島県矢吹町    .

あかつか探偵事務所





盗聴・盗撮調査メニューB

- 盗聴のケース -

盗聴、盗撮のケースページ

  仕掛けられやすいケース

盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられやすいケースは、異性関係のトラブルやストーカー行為に関する場合ばかりとは限りません。

友人、知人、同僚、身内や親戚でも様々な理由で仕掛けられる場合がみられます。

前ページ 『盗聴器とは?』、 『盗撮カメラとは?』 でご紹介しましたように数千円〜2万円程度の出費で盗聴器や盗撮カメラは手軽に購入できます。

もちろん、現在の法律では売る事も買う事も全く違法ではありませんし、ネットや通信販売でも簡単に注文できるので購入する事にさほど抵抗はありません。

この為、 「盗聴してみたい・・・」、「盗撮してみたい・・・」 という欲望があって盗聴器や盗撮カメラという物の存在を知っている人間ならば誰でも簡単に購入⇒設置できてしまうのです。

そして、盗聴器や盗撮カメラの『安値』と『小型』と『高性能』といった進化が蔓延に拍車をかけていると言っても過言ではないでしょう。





  目的のターゲット

盗聴器や盗撮カメラは、
『聞きたい』、『見たい』、『情報を得たい』、といった欲望や目的を得る為の道具である事は言うまでもありません。

恋愛感情やストーカー行為に顕著なのは「私生活を見たい・・・、聞きたい・・・」といった目的があって仕掛けられます。

「あの人の普段の生活を覗いてみたい・・」

「自分と会っている時は良い態度(印象)だが、陰ではどんなふうに言っているのだろう・・」

「他に付き合いのある人間、交友関係は?」


    等々・・・・・

言い出したらキリがありませんが、このような感情は人間ならば誰でも一度は思った事は有ると思います。

感情的な場合では無くとも実質の利益的問題が絡んで仕掛けられる事もあります。

「会社、企業の情報を盗み取る為に仕掛ける・・・」

「取引的な事があるが、相手はどんな腹なのか探りたい・・・」

「相手方の弱みになるような情報を知る事はできないだろうか・・・」


    等々・・・・・

こちらも言い出したらキリが無い程あります。

その他の例では
「パートナーが浮気している可能性があるので仕掛けて様子を探ってみよう・・・」といった場合も有り得るでしょう。


盗聴や盗撮の被害に遭うような場合は、会社や企業で重要な情報を持っている人間、若しくは多くの財産を所有している人間だけ、
といった感覚は捨てた方が良いと断言します。

「資産家や重要人物だけが盗聴や盗撮の被害に遭うのだろう・・・」といった、そのような一昔前の感覚は盗聴器や盗撮カメラが20万円や30万円もしていた時代の話しです。

安価で家に居ながら簡単に注文できる現在では誰が購入して持っていても不思議ではありません。

本当に心から信用していた友人、知人に仕掛けられるケースもあります。

なかには、交際中の相手に盗聴器を仕掛けられていて、発覚して別離したというような事例も聞かれます。

ここまで考えてしまうと人を信用する事ができない悲しい人間関係になってしまうかもしれませんが、しかしこのような事例も一部には現実的に有り得るのです。

“仕掛けられやすいケースは?”
というタイトルですが、最も重要な感覚は
『仕掛けられやすい or 仕掛けられにくい』
という感覚では無く、
『誰でも仕掛けられる可能性は有る』

という事ではないでしょうか。





  目的のターゲットが無く
    仕掛けられるケース


上記の『誰でも仕掛けられる可能性は有る』という事に付随しますが、目的があって盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられるケースはその被害者となる人物がターゲットになってしまった状況です。

しかし中には、盗聴されるターゲットにならなくとも偶発的に盗聴されてしまう場合があります。

これが非常に厄介で、リサイクルショップや中古品販売店で購入した家具や家電製品内に既に盗聴器類が仕込まれているケースも実際に有るのです。

もしこれらの製品を購入して家に入れてしまうとその製品から盗聴電波や盗撮電波が発信され、結果的に本人は知らないまま盗聴・盗撮の被害者となってしまう訳です。

ここで、
「もしこのような事例で盗聴されてしまっても、見ず知らずの誰の家の会話か判らないものを傍聴しても何のメリットも無いだろう・・・」
「ウチは何も重要な会話はしないので、誰かに聞かれても損害はない・・・」
と思われる方も居るでしょう。

しかし世の中には「盗聴マニア」と呼ばれる人々もたくさんおり、このような人々にこの盗聴電波をキャッチされるのです。

この「盗聴マニア」と呼ばれる人達は誰がターゲットでも構わないのです。
つまり「あの人の会話や音声が聞きたい ! 」という特定のターゲットが無いのです。

普段、性能の良い受信機を持って家々を探索して回り、盗聴電波が拾えればラッキーで、その見ず知らずの家から発信される電波(会話)を傍聴して暇つぶしに楽しみます。

これを聞いていればその家の家族構成から人間関係、生活習慣や、秘密の会話等も聞けて面白いという訳です。

この行為自体が趣味なのです。

聞いている人間が誰だか判らなくとも、プライベートな会話等を赤の他人に聞かれて決して良い事は無いでしょう。

もちろん知らないうちに被害者となってしまっている家人は、全く気付かないうちに盗聴マニア達の餌食になっているという場合が有り得るという事です。

被害者からすると納得のいかない事ですが、この「盗聴マニア」という趣味は違法行為でも何でもありません。
数万円の受信機を購入して知識を蓄えれば誰でもできますし、もしこのような人々を見付けた場合でも何ら法的に咎める事はできません。

最悪で酷い場合には、これら「盗聴マニア」の人達によって作られたサイトやホームページ等に
『○○県○○市○○町○○付近に盗聴電波有り・・・』、
『いつも○○○の会話をしているので面白い・・・』、
等という書き込みをされて被害者本人は全く知らないうちにインターネットの全世界に会話や音声を暴露されている場合も実際に有り得るのです。

これは、可能性としては有るかも知れない、という事では無く実際にこのようなサイトが存在しているのです。

盗聴マニア達は性能の良い受信機を持って家々を回り、盗聴電波を探す。
うまく盗聴電波を拾えればその家の会話や音声を聞いて楽しめる・・・
  という趣味である。


更に言えば盗聴器にはFMラジオと同じ周波数帯の電波を使用した物も有り、これは文字通りその盗聴電波がFMラジオと同じ電波です。

このような盗聴器が仕掛けられていれば、会話や音声を集音してFM電波で飛ばしますので聞く側は普通のFMラジオでその家の内情が聞けてしまうという事になる訳です。

特殊な受信機が無くともFMラジオで聞かれてしまうのですから盗聴マニアと言わずとも隣近所の誰にでも傍聴される可能性が有り、これもまた最悪なケースと言えるでしょう。

アパートやマンション等に良くあるケースでは、引っ越して来て入居した時に既にコンセント内部や欄間、壁の内部に盗聴器が仕掛けられているといったパターンです。

このような場合は前の住人が盗聴のターゲットになっていて仕掛けられたが、その当人は引っ越して現在いなくなっても、盗聴器だけはそのまま残されたままだった、という状況です。

実に『盗聴器付賃貸物件』に意図せず入居してしまうというパターンです。
前の住人からのまったく迷惑な “お土産” です。

実際に仕掛けた犯人は、以前の住人に仕掛けた盗聴器であっても、そのターゲットの人物が退居したと判っても危険を冒してわざわざ回収までしません。

『安価で購入できる盗聴器1つの為に、もし無理に回収しようとして住居不法侵入で捕まったら・・・』と考えれば、盗聴器などそのまま見捨てて放って置く場合がほとんどです。

そこへ次に知らずに入居して来てしまった方には全くいい迷惑で、この場合も盗聴マニア達の餌食になってしまいます。


アパートやマンション等は、自分が入居する以前に住んでいた住人に仕掛けられた盗聴器がそのまま残されているケースも多い。

電気配線に接続されたままになっている盗聴器がもし有れば、停電時以外は常に盗聴器が稼働している状態です。

仕掛けた犯人はわざわざ危険を冒してまで回収には来ないので、そのままずっと何十年もの間、盗聴電波を発信したままになっている場合も・・・。

このように目的が無くて盗聴被害に遭ってしまうパターンは非常に多く、始まりは誰をターゲットにした盗聴器だったのかを推測するのは不可能な場合も多いのです。

コンセントタップに盗聴器を組み込んだ偽装型の盗聴器等は、何処から誰の元を経由して自分の家に来た物なのかさえ判らないというケースも多々あります。

年間30万個が販売流通されている盗聴器です。
どこから紛れ込んで来るか判りません。


盗聴器界のベストセラー、コンセントタップ型盗聴器。
このような普段ありふれた日用雑貨品に発信器が組み込まれ、偽造型盗聴器として流通する。
過去の例ではフリーマーケットで購入した物の中に盗聴器が仕込まれていたというケースもある。

ではこのような、自分に対して仕掛けられた盗聴器でも無いのにトバッチリの盗聴被害を被らない為にはどうすれば良いか?

引っ越したらその部屋中のコンセントや欄間、天井裏等のありとあらゆる隙間を調べて、正規の店で新品以外の製品は購入せず、又外部から家に入ってくる物体は全て一度分解して異常がないか調べてから使用する、
という方法なら盗聴被害を被る可能性は極端に少なくなるかもしれませんが、このような事をするのは現実的には不可能です。

そうなると結果的には我々探偵や専門業者の盗聴電波調査が最も効率が良く、効果があるという事になります。

このような、自分には関係の無い盗聴器のおかげでトバッチリの盗聴被害の事例も多くなっている事から、盗聴や盗撮されている様子は全く無いが安心の為に一度調査をしてもらう事にした・・ という保険的なご依頼も増えつつあります。

このような安心の為の調査ご依頼も一度ご検討頂ければ何より幸いと存じます。

結論としては、
“仕掛けられやすいケースは?”
というクエスチョンに対してのアンサーは
“どのようなケースでも、誰でも”
という事になる訳です。






  仕掛けられやすい場所

家の中で盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられやすい場所は統計等によりおおよそ判明しています。


  建物・家屋

先ず仕掛けられやすい建物の例では、↓
(下グラフは盗聴器の例で盗撮カメラはほとんど含まれない割合です。)

アパートやマンションと一戸建て家屋という、一般家庭に仕掛けられるケースがやはり最も多い傾向にあります。

アパートやマンションについては、前項でも紹介した『前の住人に対して仕掛けられた盗聴器がそのまま残されている』といった場合も相当数含まれているものと思われ、これによって割合が増えている部分も考えられます。

次いで飲食店等の通常店舗に仕掛けられるケースが最近異様に増えているという報告が有ります。

内情を調査してみると、比較的小規模の商店等の店長や店主が自ら店内に仕掛け、従業員の仕事振りや態度を離れた場所からも監視する為に取り付けているといった事例が結構有るようです。

それ以外でも、このような不特定多数の人間が出入りする施設であれば興味本位やイタズラで仕掛けられるといった場合も多いでしょう。

会社や企業に仕掛けられるケースは興味本位やイタズラでといった理由はほとんど少ないでしょう。

やはり「企業情報」を搾取するというハッキリした目的があり仕掛ける場合が多いと推測されます。

又は、ライバル会社が情報を得る為に仕掛けるといった場合でなくとも、同僚に恋心を寄せていて心情を探る為に社内に盗聴器を仕掛けて会話を傍聴するというケースも有り得ます。

ホテルや宿泊施設で、特にラブホテルに仕掛けられるケースは一時期は流行のように報告が多かったものですが、最近では減少傾向にあるとの声も聞かれます。

しかしこれは都道府県や地域により様々で一概に全ての場所で減少しているとは考えにくく、今でも流行のように仕掛けられるホテル街も有るでしょう。

当方では主に福島県内や栃木県内、茨城県北部を調査しておりますが、ホテル等の宿泊施設にはあまり仕掛けられてはいないようです。

風俗店等に仕掛けるというケースは昔から報告がありますが、最近では減少傾向にあるようです。

やはり一般家庭に仕掛けられるケースがダントツで最も多い統計となっています。

盗聴器自体が安価になっている為に、一度仕掛けてさえしまえば目的を達した後は回収しなくて放置したままでも良い、という思惑も拍車を掛けていると想定できます。




  家屋内の場所

次に室内での仕掛けられやすい場所は、↓ 
(下グラフは盗聴器の例で盗撮カメラはほとんど含まれない割合です。)

やはり最も出入りしやすい茶の間やリビングに仕掛けられるケースが一番多いです。

そのターゲットとなった家人も茶の間やリビングに居る時間が最も長いでしょうし、結果的に最も会話を多くする場所で有る為に犯人側も会話から傍聴できる情報が最も多くなる場所という訳です。

寝室やベッドに仕掛けるというのは納得いく理由ですが、仕掛ける犯人が寝室にまで入って行ける機会が有るかどうかの問題になります。

空き巣のように留守中に勝手に上がり込んで仕掛けるような場合は可能ですが、普通に来客として訪問した犯人が仕掛ける場合は簡単には無断で寝室にまで入り込むという事は難しいでしょう。

又、ベッドに仕掛けられる盗聴器は前項でもご紹介しましたように、リサイクルショップ等から購入したベッドに既に仕込まれているという報告が非常に多いです。

特にベッドに読書用の蛍光灯や小型の電気スタンドが付いているタイプの物に仕込まれているケースが非常に多く、これらは盗聴器の電源を確保するには絶好の物だからです。

蛍光灯の電気配線に盗聴器を接続すれば電流を横取りできる訳で、特には詳しい電気配線の知識が無くとも難なくベッドに盗聴器を仕込む事ができるからです。

玄関のポスト受け入れ口に盗聴器が仕掛けられるケースもあります。
その理由は仕掛けやすさです。

アパート等のドアに付いているポストに手を入れると、ポストの郵便物を受け入れるボックスに触れる事ができます。

このボックスに小型の盗聴器を貼り付けられるという報告が非常に多発しています。

郵便ポストがドア自体に付いているタイプでないと不可能ですが、確かに部屋のカギが全て閉まっていても唯一部屋内の空間に入れる場所であり、仕掛けられる被害者側もあの郵便物が投入されるボックスの中の内側(裏側)までは滅多に見る事は無いでしょう。
一生見る事が無いかもしれません。

盗聴器自体が超小型、超薄型になっているので、両面テープを付けて簡単に挿入して貼り付けられるという訳です。

又、仕掛けてから数日経過して盗聴器の電池寿命が無くなったら同様の手口で取り外す事も可能です。

全てのアパートのドアに付いているポストの受け入れ口で可能とは限りませんが、こういった意識を持ってアパート等を拝見しながら歩いてみると被害に遭いそうな形状のアパートドアはたくさん存在します。

玄関ですので茶の間やリビングに仕掛けた場合に比べれば確かに会話や音声は多少聞き取りにくいでしょうが、アパート等は比較的玄関と茶の間やリビングが近いので盗聴する側にしてみれば特に問題は無いのでしょう。


玄関ドアのポストはドアの鍵が掛かっていようと関係無く、唯一部屋内の空間に入れる場所。
昨今の盗聴器は非常に小型薄型なので両面テープ等で簡単に、しかも一瞬で取り付けられる。


電話配線や保安器に仕掛ける盗聴器という物は基本的には電話用の盗聴器で、固定電話で通話している会話を盗聴する物です。

家に固定電話が無いお宅は問題ありませんが、固定電話の保安器という物は家屋の外壁に付いているプラスチックの箱の事です。

これは電柱から来ている電話線に繋がっており、落雷等があった場合に機能するブレーカー的役割をする安全装置で、必ず設置されています。

アパートやマンションにも同じ機能の物が必ず設置されています。

この外壁に存在している電話線や保安器内に盗聴器を仕掛けられる為に、家に入る事無く盗聴器を仕掛けられてしまう訳です。

基本的に通話中の電話の会話しか盗聴する事はできない為に数が少ないものと推測され、更に現在では携帯電話の普及によって固定電話が元々無いお宅も結構有るので、この電話盗聴器は一般家庭に仕掛けられるケースは減少傾向にあるものと考えられます。

しかし会社や企業、商店等を営んでいる場合で通常の固定電話を普段使用しているような状況では、最も仕掛けられやすい場所の一つにも成り得ます。


これが電話線の保安器。
プラスチックのカバーは簡単に外せて中のヒューズ類がスグ見える。
この中にあるヒューズを盗聴器に交換されると、電話の会話内容が盗聴される。
家屋の外壁まで歩み寄る事ができれば簡単に盗聴器を仕掛ける事が可能という訳である。


その他、台所等に仕掛けられるケースでは茶の間やリビングに仕掛ける場所が無かった場合に仕方なく設置されるパターンではないでしょうか?

仕掛ける犯人側にすれば、やはり一番に茶の間やリビング、寝室といった場所を真っ先に狙うでしょうが、絶好の隠し場所が無かった場合は何処に仕掛けられるか判りません。

盗聴したいターゲットが女性で、普段は良く台所で電話したりする人物だと判っているような場合は最初から台所狙いの可能性も有り得ます。

トイレに盗聴器を仕掛けるケースは稀だと言えます。
トイレに仕掛けられる物は盗聴器では無く、盗撮カメラが圧倒的に多いです。

トイレに盗撮カメラを仕掛けられるような場合は必ずと言っていい程、ずっと録画状態で仕掛けられる場合がほとんどです。

基本的には一般家庭より公衆トイレ等の方が被害は多いでしょう。


ベッドルームのコンセント口(内)は最も盗聴器が仕掛けられやすい場所の一つと言える。



欄間の隙間の部分も比較的仕掛けられやすい場所の一つ。
この程度の隙間のスペースがあれば盗聴器は充分仕掛けられる。
家の掃除をする時でも、欄間の中までは掃除する人はいないのでまず見付けられる事は無い。


リサイクルショップ様やホテル様等の例を挙げさせて頂きましたが、過去に実際に被害や報告の有った事例を挙げさせて頂いたまででございます。
一部の被害報告の例ですので、このような職業に従事されております方々へは御気を害されませんよう何卒ご理解、ご了承お願い致します。





盗聴・盗撮関連カテゴリー
 盗聴の被害 へ 

盗聴・盗撮調査メニュー
カテゴリートップページ へ戻る

全てのご相談、ご連絡はこちら
 お問い合わせ 

 HOMEへ戻る 







あかつか探偵事務所公式SNS

    
Facebook
  Twitter  Instagram

      
Pinterest  Foursquare  Tumblr

Google +
Google+終了、ご愛顧
ありがとうございました


Hatena Blog


livedoor Blog  Ameba blog  mixi

MeWe  goo blog  Rakuten BLOG

exciteblog FC2blog Seesaa BLOG

yaplog!  Yahoo! blog



【Facebookページ】 Plug-in pickup







【あかつか探偵事務所】
その他、提携サイト1↓
興信所探偵navi

おすすめ探偵社認定
浮気調査ナビ

登録認定サイト
名探偵TAN

公認優良店認定
探偵.COM

優良サイト認定
探偵口コミサイト

日本最大口コミ1位
口コミランキング

福島県口コミ1位
探偵データベース

tantei.asia認証
@探偵 @浮気調査

探偵相談.com
Registered





【あかつか探偵事務所】
その他、提携サイト2↓



ご覧のページは smart phone page です。

PC-WEBサイトはこちら↓
http://detective-akatuka.com/
(キャリアによりUA判別される場合がございます。)

copyright©2006〜up to now.
あかつか探偵事務所 all rights reserved.