ご覧のページはSmart Phone pageです。
福島県・郡山市・須賀川市・白河市・矢吹町・西郷村・泉崎村・中島村・棚倉町・石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町・塙町・鏡石町・天栄村・田村市・本宮市・会津若松市・いわき市、などの調査なら「あかつか探偵事務所」へ!! 福島県・郡山市・須賀川市・白河市・矢吹町・西郷村・泉崎村・中島村・棚倉町・石川町・玉川村・平田村・浅川町・古殿町・塙町・鏡石町・天栄村・田村市・本宮市・会津若松市・いわき市、などの調査なら「あかつか探偵事務所」へ!! 

本文へスキップ
低料金に自信!!
調査料金後払い制!!
探偵社口コミ
福島県1位獲得中!!
浮気・不倫調査から
 盗聴調査まで、
福島県の調査なら
お任せ下さい!!

福島県矢吹町    .

あかつか探偵事務所



This Page↓           .

- 探偵業法 -

探偵業法ページ

*探偵業法についてのご紹介です。
(2007年6月1日、探偵業法が施行されています。)


探偵業法って何?

正式には
『探偵業の業務の適正化に関する法律』
と言います。

この新しい法律では、管轄の公安委員会にキチンと届出を行って審査を受け、その後に初めて探偵の業務を行って良い、と定められた法律です。

 言わば
 
探偵の“資格”とでも言えるものです。
 (※「資格制度」の「資格」とは異なります。)

それまでは「探偵」や「興信所」という職種は何の届出も許可も必要無く、個人で勝手に「○○○探偵です・・・」と名乗れば探偵でした。
つまり“自称・探偵”というものが許されていた訳です。

この法律の制定により“自称・探偵”の時代は終わり、正式に届出を行っている所のみが「探偵」や「興信所」と名乗れるようになり、探偵・調査業としての業務を行って良い、とされました。

届出を行うと、それぞれの公安委員会より番号が配布されます。
『○○県公安委員会 第○○○○○号』
といった番号です。

つまりこのような番号が無ければモグリ営業の探偵や興信所という事になります。

一度届出さえ行ってしまえば後は放ったらかしというものでもなく、定期的に営業所や事務所への警察による立ち入り検査も行われます。

この事からもいわゆる“自称・探偵”といった〔モグリ探偵〕は減って行くだろうと推測されますが、現実的にはまだ若干そのような違法探偵業者も存在しています。

探偵や興信所にご相談やご依頼をする場合には、必ずこの正式な届出を行っている所かどうかを確認してから連絡を取って頂く事をお勧め致します。

この〔モグリ探偵〕、〔モグリ営業〕は簡単に言えば素人がお金欲しさに「探偵」と名乗っているだけの場合がほとんどですので非常に悪徳な場合も有ります。

「何の調査もしないで報告書なる物に適当なストーリーを書いて渡されただけ・・・」
「簡単な依頼なのに常識の範囲を超えた数百万円という金額を請求された・・・」
等といった悪質な被害も実際に報告されています。

又、この探偵業法により探偵や興信所は依頼者と契約を交わす場合、書面の交付(依頼者との書面交換)も義務付けています。

どのような簡単な業務依頼でも全く書面の交付が無く、口頭の説明だけといった業者にはご注意頂いた方が良いでしょう。

最低でも、ご相談やご依頼は
【○○県公安委員会 第○○○○○号】
といった公安委員会からの番号が有るかどうかを確認してから行って下さい。


もちろん当方、
『あかつか探偵事務所』は福島県公安委員会への正式な届出を行っている探偵事務所ですのでご安心下さい。


あかつか探偵事務所

探偵業証明
福島県公安委員会
第25080017号

ご相談、お見積り、ご依頼に関する全ての情報は“秘密厳守” にて取り扱っております。
ご安心の上、お気軽にご連絡下さい。

私達は
依頼者様の100%味方です!!




正義に基づいた依頼を承り
機動力に優れた調査を行い
嘘偽りの無いご報告を行う
これらに関して
「一切の怠惰は許しません」



弊社は決して
有名ではございませんが
“実績” だけが誇りです!!






どんな事ができるの?

この探偵業法により探偵や興信所と認められると
特定の人物の所在や行動等の情報を得る事が出来る、
特定の人物を尾行したり、張り込みをしたりする事が出来る、
特定の人物についての情報を聞き込み調査等出来る、

といった事が許可されます。

しかしこれらは個人情報を多く扱う事になりますので、《秘密厳守》という大きな責任を課せられる事にもなります。

調査等によって収集した個人情報は、依頼者以外の第三者へ口外、漏洩する事は厳しく禁じられています。

上記のような正式に届出を行っている探偵や興信所は、日々この原則を周知徹底して業務活動を行っております。

探偵や興信所と認められていない一般の方が尾行や張り込み等を行って、万一通報されると不審人物とみなされてしまう場合も有り得ます。

ストーカー行為等の規制や、つきまとい行為等に抵触してしまう恐れも考えられます。
迷惑行為等防止違反として逮捕される可能性も全く無いとは言えない訳です。

他人の個人情報を扱う為、個人情報保護の観点でも問題が発生する可能性も出てきます。



このような事からも、一般の方が探偵や興信所まがいの行為を行う事は避けて頂いた方が懸命です。



どんな探偵に依頼すればいいの?

ではこのような探偵業としての正式な届出を行っている所なら全て大丈夫か?
もしかすると中には悪徳な業者も存在しているかも知れません。

先でも述べましたように必ず書面を交付してくれる所をお勧め致します。

料金も実際の調査前には必ず見積もりを出したり、料金の通知や説明を行うのはもちろん、もし追加料金が発生する場合は追加料金の内容も事前に説明をしてくれる所に依頼される事が鉄則です。

追加の料金というものは突発的に発生する場合も考えられますので打ち合わせ等の時点で「¥○○○の追加」と明確な金額が提示されなくとも、「どのような状況になったら、おおよそいくらの追加料金が発生する」といった追加料金の可能性の部分を説明してくれる所が望ましいと思われます。

探偵や興信所の料金というものはスーパーで値札が貼られている物を買うのと違い、ある意味特殊な作業や業務となる場合も多い為に一概には言えませんが、基本的には常識の範囲内での金額という事で判断せざるを得ない場合もあるのかも知れません。

メインの料金が10万円というものに対して追加料金が数万円というケースであれば有り得る話しですが、メイン料金10万円に対して追加料金が100万円等といった場合は通常有り得ないと思った方が良いでしょう。

もしこのような被害に遭われた場合は迷わずに警察へ通報して頂く事をお勧め致します。

大きな探偵社、小さな探偵社といった会社の規模はあまり関係無いでしょう。
大きな所でも小さな所でも悪質な会社は存在しています。

大きな探偵社だと安心感が有るように思われますが、広告宣伝を大きく行っている探偵社はもちろん莫大な広告費が掛かっています。

この広告費はどこから出ているのか?
もちろんお客様である依頼者様から調査料金に上乗せして徴収しないと賄えない、という構図が出来上がります。

つまり依頼者が調査を依頼して支払う代金の内にその探偵社の広告宣伝費も一緒に取られている、という事になる訳です。

大きな会社であればあるほど人件費も掛かり、営業所等の不動産費用、維持費等も掛かります。
依頼者から少しでも上乗せして徴収しないと遣り繰り出来ないという状況になっている訳です。

このような事からも、
探偵、興信所は会社の規模や大きさでは良し悪しを全く判断出来ない業種である、と言えるのかも知れません。

医者や先生と同じく、その人物を信用できるかどうかの人柄等が大きな判断要素になると思います。

最低でも金銭面においてはメインの料金はいくら、追加の料金はどのような状況になったらおおよそいくら発生する、という事をキチンと説明してくれる所を選びましょう。


ご覧のページは smart phone page です。

PC-WEBサイトはこちら↓
http://detective-akatuka.com/
(キャリアによりUA判別される場合がございます。)

copyright©2006〜up to now.
あかつか探偵事務所 all rights reserved.