Media


「東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌」
月刊『政経東北』様へ、掲載して頂いた事柄の一部ご紹介です。

※地方雑誌としては稀有な、昭和47年7月1日から一度も遅滞することなく発行を続けている “面白く、役に立つ雑誌 ”、
月刊『政経東北』を是非ご閲読下さい。


「東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌」
月刊『政経東北』様へ、掲載して頂いた事柄の一部ご紹介です。

※地方雑誌としては稀有な、
昭和47年7月1日から一度も遅滞することなく発行を続けている
“面白く、役に立つ雑誌 ”、月刊『政経東北』を是非ご閲読下さい。

coverage posted ▽

- CONTENTS -

後を絶たない教職員「盗撮事件」の背景 ~小型カメラのプロが明かす出歯亀対策~ として掲載頂きました。
(ちなみに「出歯亀」とは・・
盗撮犯やのぞきの常習者を指す隠語です。語源は明治41年に遡り、大蔵官吏の元妻、下谷電話交換局長の新妻であった女性が殺害されたという、当時は大きな事件から始まります。この被害者女性「ゑん子」が銭湯帰りに殺害されるが、犯人として逮捕された男は『出歯の亀吉』という植木職人でした。この亀吉は以前から銭湯の女湯を覗いていたという証言もあり、この事から『のぞき、好色』=『出歯亀』という俗称が広まったとされています。現在では盗撮等の犯人全般を『出歯亀』と呼ぶ事が多いです。)


- 今月のわだい -

「盗聴被害にご用心」として掲載頂きました。


- 今月のわだい -

「福島・■■■小教員、女子トイレ盗撮の背景」として掲載頂きました。



“面白く、役に立つ雑誌 ”
月刊『政経東北』を是非ご閲読下さい。

現在は"情報化"の時代といわれています。
マスメディアを通して毎日、あきれるほど多くの情報が皆様のお手許に届けられます。
情報は速報性が重要ですが、垂れ流しではかえって情報に踊らされ、混乱をきたす場合があります。
これらの情報をきちんと整理し、表面的な事象の深部に迫り、何が真実なのか――を皆様にお伝えするのが『政経東北』の役目と考え、努力を重ねています。

お陰をもちまして「面白く、役に立つ雑誌」という評価を各方面からいただいています。
本当の「豊かな福島県」をつくるため、時には権力を批判し、経済界への提言を行い、物事を判断する際の基準にしていただくことをコンセプトにしています。
(政経東北様 ご挨拶より)