郡山市、須賀川市、白河市、西郷村、泉崎村、中島村、棚倉町、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、鏡石町、天栄村、田村市 etc
福島県の調査ならぜひ【あかつか探偵事務所】へ!!



 スマートフォンサイトは >> こちら .





HOMEへ戻る





浮気度チェック
〔浮気の兆候・・
やっぱり浮気かも?〕


浮気の参考データ
〔浮気相手は
どんな人?〕



可能な調査の
御案内
〔様々な調査に対応
特殊調査〜
防犯業務まで〕


一般(浮気)調査
料金ページ
料金改定
値下げしました!!
〔調査の御依頼
料金につきまして〕


調査に関するQ&A
〔良くある御質問〕



調査の実例
一部御紹介



GPS追跡装置
レンタルの御案内
キャンペーン
実施中!!
GPS追跡装置は
御得な料金で
レンタル中です!!


豆知識
浮気発覚〜離婚へ
離婚の豆知識



豆知識
離婚問題Q&A



豆知識
離婚問題
役立つテンプレート集





■基礎知識
〔盗聴器・盗撮カメラ
とは?〕


仕掛けられやすい
ケースや場所は?



仕掛けられての被害
〔盗聴・盗撮の脅威〕



こんな場合は
要注意 !



調査を御依頼時の
御注意、
〔調査の方法・概要〕



盗聴・盗撮調査
料金ページ
〔御依頼の流れと
料金につきまして〕


参考画像
実際の調査時の
画像一部紹介 T〜



豆知識
盗聴器を発見する
受信機とは?



豆知識
簡易発見器って
実際は効果あるの?



豆知識
盗聴・盗撮に関する
法律面



豆知識
その他
盗聴・盗撮について
追加情報



盗聴・盗撮
無料相談所





探偵業法について


探偵ファイルT


探偵ファイルU


探偵用語辞典




お問い合わせ
CONTACT



会社概要
プライバシーポリシー



サイトマップ


リンクにつきまして




スマートフォンサイト http://detective-akatuka.com/sp/index.html  モバイル(携帯)サイト http://detective-akatuka.com/i/


























盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編















全ての
御相談・御依頼は
こちらからどうぞ

 CONTACT 
 御問い合わせ 

















盗聴器・盗撮カメラ
とは?

基礎知識編



   〔盗聴器の発見調査〕、 〔盗撮カメラの発見調査〕に関する調査料金は
      こちら を御参照下さい。


読み物 / 盗聴器、盗撮カメラに関する基礎知識


        
        文字通り、会話や音声を盗み聞きする為の機器です。
        様々な種類のタイプが販売されており、大きく分けると
      
【1、直接式】【2、無線式】【3、デジタル式】
        3種類に大別できます。





 直接式の盗聴方法とは、盗み聞きしたい部屋にテープレコーダーやICレコーダーを
 仕掛けたり、又は隣の部屋から壁越しに聞き耳を立てて盗聴する行為です。
 仕掛ける犯人はテープレコーダーやICレコーダーを録音の状態にして部屋内へ
 忍ばせておくという古典的な手法でターゲットの会話や音声の情報を手に入れます。

テープレコーダーや
ICレコーダー等を
録音状態で仕掛ける。
このような盗聴方法は
必ずと言っていいほど
側近者による仕業である。
このような行為は
「盗聴器を仕掛けられた」
とは呼ばない。

 しかしこの盗聴手法は現実的には困難な行為で、
 もしこのような盗聴方法が実際に行われていた場合は、
 まず身内や側近者の仕業でしょう。

 テープレコーダーを録音状態にしても長くても
 精々120分程度の録音です。

 最新ICレコーダーの長時間録音では数日間の長期録音が
 できますが、犯人は何よりも録音した機器を回収
 しなければ聞く事ができません。

 このような事から、いつでも気軽に出入りできる人物の
 仕業に限られ、もちろん回収しないと聞けない=
 リアルタイムでは盗聴出来ないという、
 実行する犯人側にするとなにかと不便な盗聴方法です。


 もう一つの、隣の部屋から盗聴する方法と言うと、ひと昔前ならコップを壁に
 押し付けて盗み聞きするようなイメージがありますが、現在ではそれ専用の
 電子機器が販売されています。
 これは『コンクリートマイク』と呼ばれる機器で、隣の部屋の音声等を壁越しに
 集音してこの音を増幅して聞けるようにした機器です。

 しかしこれもまた不便な盗聴方法で、まず犯人は盗聴したいターゲットの隣の部屋に
 入らなければならないという、非常にハードルの高い大前提があります。

コンクリートマイクの一例。
聴診器のような原理で
壁越しに盗聴を行う
電子機器。
盗聴しようとする犯人は
ターゲットの隣の部屋に
入らなければならないという
大きな課題がある。
 又、専用の電子機器とは言っても完全に良く傍聴できる
 ものでもなく、人間の会話や音声等の空中を伝わる音は
 満足な程の集音能力ではありません。

 床や柱や壁を伝わる音、つまりテーブルにコップを
 置いたり、部屋自体に物体がぶつかって発せられる
 衝撃音は良く集音されますが、それ以外の音声は
 聞き取り難いというのが実際のところです。

 一般的に『コンクリートマイク』という呼び名では
 あるものの、実際はコンクリートの壁越しでは
 思うように集音できず、金属の壁や扉越しの場合が
 最も集音効果が高い機器がほとんどです。

 このようにコンクリートマイクなる機器を使用しても
 思ったほど聞き取れないという現実があります。


 以上のような事柄からも、これら
【直接式盗聴】の古典的な盗聴方法は
 被害例もほとんど無く、実際にはまず行われていないのが現状です。

 仕掛ける犯人側にしても困難な課題が様々あるからです。

 これら
【直接式盗聴】の盗聴手法は物理的な盗み聞きの手法ではありますが
  “盗聴器” というものとは一線を引き、『盗聴器の発見調査をする』という
 ジャンルとは異なる意味合いのものです。

 「単にテープレコーダーのような録音できる物を隠して置かれていた・・」と言うに
 過ぎません。

 しかし「盗聴されてるかも知れない・・・」という不安を御持ちの段階では
 どのような物が仕掛けられているのか?、 簡単には判断できませんので少しでも
 気になる点がある場合はまず御相談頂く事をお勧め致します。





 この
【無線式盗聴】は現在 最も多く広まっており、最も恐るべき盗聴方法です。
 基本的に “盗聴器” と言うと現在ではこの無線式を指します。

 100円ライター程度の小型で高性能な盗聴器が販売され、一般に多量に流通しており
 多くは秋葉原、日本橋、電気街、無線専門店、通信販売、ネット販売、更には
 オークションでの販売など、誰でも簡単に手に入れる事ができます。

ネットオークションや
通信販売にて様々な種類の
盗聴器が購入できる。
誰でも簡単に家に居ながら
購入できるので、一般人が
購入するのに何ら抵抗はない。
 価格も2万円程度出せば非常に品質の良い製品が
 たくさん有り、先日オークションのページを覗いて
 いると中古品が5千円程で販売されていました。

 この盗聴器は、発信機と呼ばれる小型の物を盗聴
 したいターゲットの部屋へ忍ばせると、その部屋内の
 会話や音声を集音して電波としてその場で
 発信します。

 発信された電波は部屋の窓ガラスを通り抜けて屋外の
 数百メートルの範囲にも届きます。

 仕掛けられたターゲットの部屋から数百メートルも
 飛ばされ続けるこの電波には、その部屋で集音した


 会話や音声が乗っているので、仕掛けた犯人は受信機にてこの電波をキャッチすると
 会話や音声が聞けるという原理です。

 つまりは、トランシーバーと同じ働きをする発信機が部屋内に仕掛けられ、
 ずっとスイッチONのまま勝手に電波を送信し続けている状態と同じです。

 この電波がいわゆる
“〔盗聴電波〕” と呼ばれるものです。

 犯人は一度仕掛けると、受信機さえ持っていれば永遠にその部屋内の会話や音声を
 数百メートルも離れた場所に居てずっと聞く事が出来るという訳です。

  
  
↑これらは実際の本物の盗聴器です。
   どれも100円ライター程度の大きさです。
   コンセントタップ偽装型等、身の周りの電化製品に偽装された形の物もあります。

 この会話や音声を乗せて発信される盗聴電波は特に強力な電波という訳では無く、
 目にも見えなければ音を出して発信する訳でも無いので、人間の感覚では感知したり
 察知したりできません。

 つまり、
 仕掛けられた被害者家人は発信され続ける盗聴電波に全く気付く事は無いのです。

 犯人は数千円〜2万円程度の出費でネット販売等で気軽に購入すれば、
 後は盗聴したい家に仕掛けるだけ・・・
 これが現在最も多く流通している無線式盗聴器の蔓延するシステムです。

 永遠に電波を発信し続けて永遠に盗聴されると記しましたが、これは家屋の
 AC電気配線に接続して電流を横取りし続けるタイプの盗聴器の場合です。
 (乾電池式タイプの盗聴器は10日から2週間程度で電池交換が必要になります。)

 AC電源式の盗聴器は、家庭の電気配線に接続されると停電かブレーカーが
 落ちない限り永遠に稼動を続けます。

 写真で御紹介のコンセントタップ偽装型の盗聴器が非常に多く出回っており、
 これはそのままコンセント口に差し込めばその時点から電気が流れ始めるので
 内部の盗聴器は稼動を始めます。

 又は若干加工が必要となるものの、電気配線に直接接続するタイプの盗聴器でも
 難しい配線工事を要する訳では無く、配線コードのビニール表皮をカッターナイフで
 少し削れば中の電気銅線が見えますので、これに接触させれば電気を横取り
 できる訳です。

 誰でも簡単に電気配線に接触して盗聴器に必要な電流を調達できるのです。


二又や三又分岐のコンセントタップ内部に
盗聴器を仕込んだ物が非常に多く
流通しており、盗聴器界の一種の
流行とでも言える流通量である。


犯人は簡単に仕掛ける事ができ、
仕掛けられた被害者はよほど注意力がないと
元々あった物なのか、ある日突然付けられた
物なのか、判断が難しい。



   タップの中を分解して見れば盗聴器か否か一目瞭然だが、通常の生活の中で
   コンセントタップを分解して中を見るといった事はまずしないでしょう。


天井の蛍光灯内に仕掛けられるケースも
多く報告されている。
盗聴器の電源をスグ近くの蛍光灯配線から
横取りできる為、特に電気配線についての
専門知識が無くとも比較的簡単に
接続できる。


  天井の蛍光灯等、部屋の中心で周りの空間が広い場所に盗聴器を仕掛けられると、
  部屋内の会話や音声を広範囲でクリアに集音される。
  ある程度盗聴器に関して知識のある犯人はこのような場所に仕掛ける傾向がある。



 このように、家屋の電気を横取りするタイプの盗聴器でも乾電池式盗聴器でも
 価格が安価で取り扱いが容易な物が主流です。

 だからこそ世の中にこれ程の無線式盗聴器が流通する事になります。
 世の中に出回っている盗聴器の実に99,9パーセントがこの
【無線式盗聴器】です。

盗聴電波の発見には
専門知識、専門機材が
必要です。
発見調査は盗聴器に精通した
我々探偵にご依頼頂くのが
何よりベスト!!

 しかし、この
【無線式盗聴器】が最も流通量が多い
 盗聴器ではありますが、逆に最も発見しやすい
 盗聴器の種類でもあります。

 この発信される
“盗聴電波” を追い掛けて調査をする
 手法で追求し、発見に至ります。

 当方の発見調査では、この最も多い無線式盗聴器を
 調査撤去する業務を得意分野の業務として
 行っております。

 人間では感知も察知もできない盗聴電波なので
 一般の方が闇雲に探索しても発見は困難でしょう。

 調査には専門機材と専門知識が必要になりますので、発見調査は我々のような探偵、
 専門業者に御依頼下さい。

 盗聴のターゲットにされてしまい、被害者となってしまうと全く気付かないまま
 プライバシーが侵害され続けてしまいます。

 これらの一般的に流通されている盗聴器の電波は当方の調査で
 100パーセント発見可能です。



徹底した綿密調査により盗聴電波は見逃しません ! !


一度仕掛けられると数百メートル離れた場所で永遠にこっそり盗聴される。


盗聴器(発信器)も受信機も、誰でも手軽に購入できる。
盗聴器は100円ライターより小型の物があり、目立たない所へ
仕掛けられればまず見つけられる事は無く永遠に盗聴され続ける。


上記で御紹介したコンセントタップ型盗聴器以外にも、様々な日用品の中に
埋め込んで製品化された偽造型の盗聴器も存在している。
ボールペンや時計はもちろん、電卓、携帯電話、パソコンのマウス等、
盗聴器の発信機部分が非常に小さいのでどのような日用品にも
埋め込む事ができる。
又、これらの日用品偽造型盗聴器は元々の製品に盗聴器を埋め込んだだけなので、
その製品の機能はそのまま使える物ばかりである。
コンセントタップは通常と同じように使用できるし、ボールペンは書けるし、
電卓も普通に電卓として使えるし、マウスも全く問題なくマウスとしての
機能を果たすのである。
いま目の前のテーブルに置かれている日用品そのものが
盗聴器である可能性もゼロではないのです。








 盗聴器の世界でデジタル式盗聴器と言うと、携帯電話やPHSを改造して盗聴携帯として
 使用できるよう改造したものを指します。

 携帯電話やPHSの使用している電波形式がデジタル電波の為に
【デジタル盗聴器】
 呼ばれるようになりました。
携帯電話を利用(改造)した盗聴方法を
「デジタル盗聴」と呼ぶ。
それに対して通常の盗聴器は
「アナログ盗聴」とは呼称しない(!?)

 では仕掛ける犯人は携帯電話やPHSをどのように
 改造して盗聴携帯にするのか?

 改造と言っても分解して専門知識を持って
 改造を施す程のものではありません。

 携帯電話やPHSに感度の良い集音マイクを
 接続して、周囲の音をたくさん拾うように
 しただけです。

 更に、電話が掛かって来ると自動的に通話状態となる機能の〔自動着信〕に設定して
 遠隔からでも電話が繋がったままの状態を作り上げます。

 これをコッソリ部屋内に仕掛ければ、盗聴可能なシステム構築が出来上がり。

 そうすると通話状態になったまま仕掛けられた盗聴携帯の受話口から会話や音声が
 入ってくるので傍聴できると言うものです。
 (犯人は仕掛けた盗聴携帯に自ら電話を掛ければ勝手に通話状態になる為、
 音声等を拾って傍聴できるという訳です。)

 このように、犯人は携帯電話やPHSに改造を施すと言っても↓
  @集音マイクを接続する、
  A自動着信に設定する、
  B仕掛けた相手に気付かれない為に着信音等の一切の音が鳴らないよう設定する、
    これだけの簡単な作業で携帯電話盗聴器(デシタル盗聴器)の出来上がりです。

 このデジタル盗聴の犯人側の最大利点は、仕掛けてしまえば圏外でさえなければ
 日本中(世界中)何処からでも自ら通話状態にして盗聴できるという利点です。

 特に自動車内に仕掛ければ、その自動車が移動しても圏外でなければ
 通話状態を保てる、つまり盗聴できるという訳です。

 しかし、ここで話を終えると非常に恐ろしい存在だと思われるデジタル盗聴ですが、
 欠点も多く有ります。

携帯電話を利用したデジタル盗聴は
実際の被害報告は少ない。
仕掛ける犯人側にすると、バッテリーの
持続時間がネックである。
デジタル盗聴を阻止する方法として、
特殊な「ジャミング」と言われる
「携帯電話妨害器」もある。
これは携帯電話の電波を遮断する物で、
携帯電波自体を無効にする事ができる。
 まずはバッテリーの問題。

 携帯電話やPHSを通話状態にしたまま盗聴する
 事になるので、満充電で仕掛けられても精々
 3〜4時間程度しか充電池が持続しません。

 携帯電話自体を乾電池等で充電できる
 簡易充電器も販売されていますが、
 これを接続したままの状態で仕掛けられても、
 やはり稼動時間は数時間です。

 そもそも、元々は携帯電話やPHSなので本体が
 既に比較的大きいという課題があります。
 ターゲットに知られずにコッソリ仕掛けたいと
 勘案すると、犯人は隠して仕掛ける
 『場所』に苦労する事でしょう。



 ターゲットとなる被害者にしてみれば、見ず知らずの携帯電話が部屋や車に
 隠し置かれていれば発見する機会、可能性も高くなります。

 更なる欠点は仕掛けた犯人のランニングコスト面。
 携帯電話やPHSを通話状態にして盗聴する為に、当たり前ですが通話料金が
 発生します。

 更には近年の携帯電話等はICチップが組み込まれており、登録者本人識別の為に
 使用されています。

 仕掛けられた被害者がこの盗聴携帯を万一発見して調べれば、ICチップ等から
 誰の所有名義の携帯電話なのか、判明できる可能性が高くなります。
 誰がこのような盗聴携帯を仕掛けたのか追及されやすくなる訳です。

 以上の事からも、
 仕掛ける犯人側にすると難点が多い盗聴携帯(デジタル盗聴)はあまり現実的な
 ものではありません。
 理論的にだけは「非常に便利に盗聴できる」と言われているだけで、実際には
 被害の報告も皆無に等しく、流通量は極端に少ないと言えます。

    
   このようなデジタル式盗聴器は犯人側にとって欠点が多く、
     流通数は極端に少ない。
     最近では携帯電話に接続する集音マイクも販売されていないといった現状。


 当方では上記に御案内しましたような自動車内に仕掛けられる盗聴器調査も
 別途追加料金にて行ってはおりますが、このような自動車内調査の御依頼は
 あまりお勧めは致しません。

 記載しましたように、仕掛けられた携帯電話やPHSのバッテリー交換(充電)に犯人が
 頻繁に出入りできるような状況でなければ現実的な盗聴器とは言えず、
 全国的な流通量もほとんどありません。

 自動車にこれらの物を仕掛けようとした場合、犯人側も仕掛ける場所は限られます。

 仕掛けられる可能性が高い場所は、
  シートの下(裏側)に貼り付ける、
  後部座席のシートの隙間に潜り込ませる、
  ダッシュボードは簡単に取り外せるのでこれらを外した内部、
  足元の奥の配線や機器部分に貼り付ける、
  ヒューズボックスの近辺に潜り込ませる、

  等が考えられますがこのような特定の場所しか仕掛けるポイントが無い為、
  逆に言えばこれらの仕掛けられそうな場所を実際に目視にて探した方が
  効率的とも言えます。

 このようなデジタル式盗聴器が自動車内に仕掛けられている可能性が有り、
 御心配な方は先ず御自身にて車内をピンポイントで探してみる事をお勧め致します。

 当方が自動車内のデジタル盗聴器調査の御依頼をお勧めしない理由は
 このような事からです。

 調査をしてもさほど意味が無い、と判っている業務をお勧めするような事は致しません。

 御客様の無駄な出費を促すような助長広告は一切しない事をモットーとしている為です。



以上が “盗聴器” と呼ばれる物の概要です。
記載しましたように電波を使用した 【無線式盗聴器】 が
現在では流通シェアのほとんどを占めています。
このような超小型で高性能な盗聴器は、いつ何処に
仕掛けられているか判りません。

永遠に会話や音声を外部に垂れ流したままの状態に
なりませんよう、自分のプライバシー空間を護るためにも
少しでも不安な御心当たりがございましたら
迷わずに御相談下さい。







 





       
    文字通り盗み撮りする為のカメラの事で、現在では超小型のカメラでも
    非常に映像が綺麗で録画保存等も自在にできます。
    大きく分けると
【1、無線式】 【2、有線式】が有ります。





 カメラで撮影した映像と音声を電波で飛ばす物が
【無線式盗撮器】です。

 犯人は、
 この電波を離れたところで専用の受像機(受信機)にてキャッチすれば映像を見る事は
 もちろん、更に録画機器に接続しておけば録画保存もできます。

 この映像と音声を乗せて発信される電波が、いわゆる
“〔盗撮電波〕”です。

 カメラ自体は非常に小型の物が出回っており、100円ライター程度のカメラも
 存在しています。

 実際に撮影するカメラのレンズ部分は直径1ミリ以下の物も多数存在し、
 このような小さなレンズでも普通にテレビを見る感覚でキレイな映像を
 見る事ができます。
レンズは1mm程度の
超小型カメラが主流。
ボタンの穴程度の
極小穴が開いていれば
撮影可能である。

 撮影された映像は電波によって発信されるので、配線等は
 一切必要ありません。

 小さなカメラ本体のみでコードレスで何処にでも仕掛ける
 事ができるので、盗撮にはこの無線式カメラが現在主流の
 タイプです。

 発信された電波は数十メートルの距離に届く物が大半ですので
 仕掛けた犯人はこの数十メートルの電波の届く範囲に入って
 いれば映像を見られる=盗撮できるという訳です。

 カメラさえ仕掛けてしまえば犯人は離れた所にいるので、もし怪しい盗撮カメラを
 偶然発見しても犯人まで特定する事は難しいと言えます。

 盗聴器と同じく、秋葉原や日本橋、通信販売やネット販売等で手軽に購入でき、
 オークションではカメラ本体が数千円、メモリーやSDカード等に録画もできる
 受像機が一万円後半で販売されています。
 誰でも簡単に手に入れる事ができるのです。

 この無線式カメラを仕掛ける犯人側の難点としては、しいて言えばバッテリーの
 持続時間です。

 映像と音声を電波で飛ばすという事で比較的大きな電力を必要とします。

 充電式の物もあれば乾電池を使用して稼動する物もあります。

 バッテリーの問題はありますが、電池容量を大きくする等で長期間撮影と
 電波発信を可能にした商品も多数販売されているのが現状なので、
 仕掛けられた被害者にしてみればプライバシーをおびやかす脅威の厄介物には
 違い有りません。

 このような小型カメラは品質性能が良く、赤外線装置が付属している物がメジャーです。
 これは完全に真っ暗な状況下でも赤外線を照射することにより鮮明に撮影する事が
 できるといったもので、赤外線撮影は真っ暗闇でも昼間のような明るい映像を
 映し出します。

 この赤外線は、照射されても人間の目には全く見えない光源なので
 ターゲットとなってしまった被害者は全く気付く事はできません。
 (赤外線は光りません。)

 寝室等に仕掛けられてしまうと、夜就寝しようと布団に入って部屋の電気を消しても
 赤外線によって昼間のような鮮明な映像で盗撮されているという事になるのです。

 よくある被害のケースでは公衆トイレ等の公共施設に仕掛けられる場合が多いですが、
 一般家庭に仕掛けられる場合も充分有り得ますし、実際に被害の報告もあります。

 非常に小型の物の為、盗聴器と同じように日用品の中に組み込まれて製品化された
 偽造型盗撮カメラも販売されています。

 時計や置物、家電製品やコンセントタップにまで組み込まれている物もあり、
 直径1ミリに満たないレンズ部分だけ出して製造されるので外見だけでは
 通常の日用品と区別が付きません。

 普段見慣れている日用品や家電製品に1ミリ程度の穴が開いていても余程の注意力と
 視力が無ければ気付く事は無いでしょう。

   
   ↑こちらが実際の超小型無線カメラのレンズ部分正面の写真です。

 左写真はカメラ本体の幅が2センチ少々で、中央に見える丸い点がレンズです。
 その周りに8個見える丸い点は赤外線を照射する部分(LED)です。

 これにより完全な暗闇でも撮影可能で、暗闇では撮影しないという前提ならば
 中央の点のレンズ部分だけ覆わなければ問題無く撮影可能です。

 右写真のカメラは若干大きめのカメラですが、それでもレンズ部分は1センチ程度で
 同じく周りは赤外線照射の小電球(LED)が取り囲んでいます。

 これは赤外線照射の電球(LED)が大粒の為、より多くの赤外線を照射する事ができ、
 暗闇での撮影に強い作りになっています。

 この小さなボディー内に電波の発信機もバッテリーも組み込まれている
 『オールインワン』なので、仕掛ける犯人側にすると非常に便利な隠しカメラと
 言えるでしょう。
 写真に掲載の本体のみで盗撮可能であり、他の配線等は一切必要ありません。

 実に販売されている価格は、どちらも1万円以下の低価格です。

 このように、非常に小型で高性能な盗撮カメラであり価格も安価である為に、
 もし仕掛けられれば音声だけを盗み聞きされる盗聴器よりも最悪で、
 映像も盗み見られるという
脅威のプライバシー泥棒の機器であります。

 この無線式盗撮カメラも電波を発信する機器ですので、当方の電波発見調査で
 検出可能です。

一般的にはGHz帯の周波数を使用する
無線式の盗撮カメラ。
盗聴電波と同様に、盗撮電波の発見も
専門知識、専門機材が必要です。
発見調査は盗撮電波に精通した
我々探偵にご依頼頂くのが
何よりベスト!!
 前出しましたように、100円ライター程度の
 大きさのボディで、レンズが直径1ミリ程度の
 超小型の物ですので一般の方が探査しても
 発見する事は非常に困難でしょう。

 電波を追いかけて調査する方法が最も効果が
 あり、最適な調査方法なのです。

 このような盗撮電波を調査するには、もちろん
 専門の電波発見機材が必要になります。

 発見調査は我々のような探偵、専門業者に
 御依頼下さい。



    徹底した綿密調査により盗撮電波は見逃しません ! !

   当方の盗撮カメラ発見調査は盗聴器発見調査を御依頼頂きますと
    一緒に調査致します。
    盗聴器の発見調査業務終了後にこのような盗撮カメラの発見調査業務も
    実施致しますが、追加料金等は一切頂いておりません。
    盗聴器発見調査の料金に盗撮カメラ発見調査料も含まれておりますので
    御安心の上、御相談御依頼下さい。
    盗聴器と盗撮カメラは使用されている電波の種類(周波数)が違いますので、
    それぞれ別々に調査する事になります。
    「盗聴器は無かったが盗撮カメラは仕掛けられている・・・」というような
    笑止千万な状況が万が一にもございませんよう、盗聴器と盗撮カメラは
    セットで調査致しております。




一度仕掛けられると、離れた場所から映像と音声をこっそり見続けられる。


超小型のカメラがあらゆる日用品の中に組み込まれて、
偽造型盗撮カメラとして製品化販売されている。


↓盗撮カメラによって撮影されるイメージ

盗撮カメラには完全に暗闇でも撮影できる赤外線照射が付いている物が
一般的であり、これによって夜間でも難なく盗撮される。
赤外線照射による撮影は映像が若干緑色気味に映るのが一般的だが、
真っ暗闇でも鮮明に撮影できるので盗撮される場所と時間を選ばないという
恐ろしい物である。








 有線式盗撮カメラとは文字通り配線等で繋がっているカメラ一式の事です。
 カメラと電源を繋ぐ配線や録画する装置へ配線で繋がる一般的なカメラです。
 (電源 → カメラ → モニター → 録画装置等と配線されるのが一般的。)

 店舗等の天井や柱に設置されている防犯カメラや監視カメラを想像されると
 判りやすいと思いますが、そのようなカメラを超小型にした物が盗撮目的で
 使われる可能性について。

 非常に高性能で価格も安価な為に多くの種類が販売されており、
 機能は前項の無線式のカメラと同じく赤外線照射等も付いた高品質の物が多く有ります。

 有線式盗撮カメラの特徴は無線式盗撮カメラのように電波を飛ばす事が無い為、
 電波が障害物で遮られたり、他の外部からの妨害電波に邪魔されて映像が乱れる、
 といった事がありません。
 非常に鮮明でクリアな映像を観る(撮る)事ができる訳です。

 更には電波を発信しない為に、盗聴電波に詳しい者がもし付近に居たとしても
 電波を感知(傍受)されて、カメラ自体が存在している事が発覚、露見されないといった
 特徴もあります。

 更に電源も配線によって供給される事になりますので、バッテリーの持続時間が
 気になるという事もありません。

 このように有線式のカメラ(一般的な配線式のカメラ)は撮影、録画に関しては高画質、
 高品質ではありますが、盗撮目的で仕掛けるとなると非常に困難な物であるとも
 言えます。

 まず、仕掛ける犯人側は何よりも『仕掛ける場所』に悩む事でしょう。

 カメラ本体とモニター画面、録画装置や電源等の配線一式を設置しなければ
 ならない訳で、盗撮したいと思うターゲットに見つからないような場所に
 仕掛けようとするのは困難です。
 目立たなく、尚且つかなり広い設置スペースが必要になります。

 このような都合の良い仕掛け場所はなかなか無いのが現実でしょうし、
 「ターゲットに見つからないようコッソリ忍ばせて設置する」、という
 犯人側の大前提が崩れます。

 もし、カメラや録画装置一式を設置できた場合でも、何よりも録画した記録媒体を
 回収しないと見る事が出来ないという問題も有り、リアルタイムで盗撮する事は
 不可能になります。

 このような事からも盗撮に使われるカメラは前項の無線式のカメラが大半で、
 有線式カメラを盗撮目的で仕掛けられるというパターンは少ないと言えるでしょう。

 更には、ポータブルカメラやハンディカムのようなビデオカメラを盗撮したい
 ターゲットに仕掛けるといったパターンでは、ここで言う
【無線式】でも
 【有線式】でもない【直接式】とでも言える方法かもしれませんが、
 盗撮したい部屋等に仕掛けようとするのは想像しただけで不可能に近いでしょう。

市販のビデオカメラも小型になってきているが、
これらを盗撮目的で仕掛けられるといった事案は
極稀である。
もしこのようなカメラが盗撮目的で仕掛けられていれば
必ずと言っていい程、身内や側近者の仕業である。

 もしターゲットに見つからない
 ようにビデオカメラ等を仕掛ける
 事ができても、頻繁に記録媒体を
 交換(回収)に訪れないとならない
 訳で、バッテリーも頻繁に交換
 (充電)を要します。

 たかだか数時間の盗撮しか
 出来ない訳です。



 もしこのようなビデオカメラを使用した盗撮の手法が本当に行われたとすれば、
 必ずと言っていい程、身内や側近者に限られた犯行でしょう。
 頻繁にその場所へ出入りできる人物の仕業、という事になります。

 又、このような盗み撮りの方法は “盗撮” ではあるが、 “盗撮カメラ” という
 物とは異なり、単に「ハンディカムのような録画できるカメラを隠して置いた・・」と
 言うに過ぎません。

 従いまして、このような盗撮の手法は『盗撮カメラの発見調査』という
 カテゴリーとは別の分野になります。

 盗撮する犯人側にとって様々な欠点や障害が一番少ない物が前項の
【無線式】
 カメラであり、「ある特定の場所にカメラを設置して(仕掛けて)盗撮する」には
 最も利用される機器と言えます。

 この為、盗撮カメラの発見調査は
【無線式】カメラの発信する
 
“盗撮電波”を追いかけて仕掛けられている場所を追及する手法が
 最も効果的となる訳です。



以上が “盗撮カメラ” と言われる物の概要です。
記載しましたように電波を使用した 【1、無線式盗撮カメラ】 が
現在では流通シェアのほとんどを占めています。
このような超小型で高性能な盗撮カメラは、
いつ何処に仕掛けられているか判りません。
永遠にプライベートな映像を外部に垂れ流したままの状態になりませんよう、
プライバシー空間を護る為にも、少しでも不安な御心当たりがございましたら
迷わずに御相談下さい。


『盗撮』と呼ばれる行為には複数のジャンルがありますが、
発見調査に関する “盗撮カメラ” と言われる分野は、
あくまでも〔ある特定の場所に仕掛けられたカメラを発見する調査〕
といったジャンルになります。
〔スカートの中を盗撮する〕といった行為も “盗撮” ではありますが、
発見調査という分野とは異なりますので御注意下さい。







  盗聴・盗撮、 仕掛けられやすいケースや場所  へ









Hatena blog


Twitter mixi

Yahoo! blog

livedoor blog FC2 blog

Ameba blog Excite blog

goo blog rakuten blog





「あかつか探偵事務所」
東日本大震災からの
復興を応援しています ! !


「あかつか探偵事務所」
弊社従業員はチャレンジ25に
参加するチャレンジャーです。
車両使用時の
アイドリングストップ推進 ! !




日本最大の
探偵口コミ集合サイト

【あかつか探偵事務所】

by 探偵Mナビ




浮気調査の専門ナビ
5つ星認定
【あかつか探偵事務所】
浮気調査
by 浮気調査ナビ




郡山市、須賀川市、白河市地域
口コミランキング

【あかつか探偵事務所】







【あかつか探偵事務所】
統計データ集↓


■弊社過去6ヵ月間に
御依頼頂いた調査内容の
集計ランキングです。



■弊社過去6ヵ月間に
御依頼頂いた方々の
  年代別集計データです。



■弊社過去6ヵ月間に
実施した浮気調査での
御契約〜調査完遂までの
期間集計データです。






【あかつか探偵事務所】
月刊 政経東北様への
取材・掲載頂いた内容の
御紹介です。↓





東北圏と中央を結ぶ
ユニークな
政治経済情報誌
月刊 〔政経東北〕

絶賛発売中 ! !






 「あかつか探偵事務所」
  提携パートナーによる
 ショッピングコーナー
 展開中 ! !
 
↓↓↓ ファッション 〜 アクセサリー etc・・・ 話題の商品大集合! ↓↓↓ 最新アイテムをお見逃し無く! ↓↓↓ 気になる商品をクリック! クリック! ↓↓↓   ↓↓↓ ファッション 〜 アクセサリー etc・・・ 話題の商品大集合! ↓↓↓ 最新アイテムをお見逃し無く! ↓↓↓ 気になる商品をクリック! クリック! ↓↓↓   

   
 以下↓のお店はEC提携の
 承認を頂いているお勧め
 ショップです。
 ぜひお立ち寄り下さい!!
   

   イチオシ
   
 有名ファッションブランドの
 集合体!!

 ■「あかつか探偵事務所」は
【WORLD DIRECT STYLE】様
  よりEC提携の承認を
  頂いております。



  


 「あかつか探偵事務所」
   EC提携の承認を
   頂いております。

 ぜひ御立ち寄り下さい!!
   

 
 




  


 「あかつか探偵事務所」は
  【ケーズデンキ】様より
   EC提携の承認を
   頂いております。

 ぜひ御立ち寄り下さい!!
   

  




  


  
 「あかつか探偵事務所」
   EC提携の承認を
   頂いております。

 ぜひ御立ち寄り下さい!!
   
  



  


  
 「あかつか探偵事務所」
   EC提携の承認を
   頂いております。

 ぜひ御立ち寄り下さい!!
   
  



  


 
 「あかつか探偵事務所」は
   【シャディ】様より
   EC提携の承認を
   頂いております。

 ぜひ御立ち寄り下さい!!
   
  



  


 
 ※「あかつか探偵事務所」は
  ValueCommerceの
  承認パートナーです。







↓↓↓ 「あかつか探偵事務所」承認パートナーLive!Ads 【Yahoo!ショッピング】 ↓↓↓ 気になる商品をクリック! クリック! ↓↓↓ 「あかつか探偵事務所」承認パートナーLive!Ads 【Yahoo!ショッピング】 ↓↓↓ 気になる商品をクリック! クリック! 
Yahoo! ショッピングの
最新売れ筋情報を
毎号特集掲載 !

今回の特集は↓

特集 !







■「あかつか探偵事務所」は
Live!Adsの承認パートナー、
Yahoo!ショッピング様より
EC提携の承認を
頂いております。









 HOMEへ戻る      --- Copyright(C)2006〜up to now, あかつか探偵事務所 All Rights Reserved. ---