調査のQ&A

ご相談、ご依頼に関する全ての情報は、
探偵業法第十条に定める「秘密の保持」の規定により厳重に守られます。
ご相談やご依頼した事実、個人情報や調査内容等は外部に漏洩する事はございませんのでご安心ください。

お話しだけでも是非お気軽に頂けましたら幸いです。

ご相談としてよく頂く内容、事柄のQ&Aです。
 ▽ ▽ ▽

ご相談やご依頼に関する全ての情報は、
探偵業法第十条に定める「秘密の保持」の規定により厳重に守られ、外部に漏洩する事はございません。

お話しだけでも
是非お気軽に頂けましたら幸いです。

ご相談としてよく頂く事柄のQ&Aです。
▽ ▽ ▽

良く頂くご質問 ▽


いろいろと相談したい事もあり、料金はどのくらい掛かるのか詳しく聞きたいです。
調査についての相談、質問、そして料金の見積もりだけで費用は掛かりますか?


ご相談、ご質問、料金のお見積りまでは一切無料ですのでご安心ください。




相談したい事があるのですが、相談の時点でも本名や住所等を明かさなければならないのですか?


ご相談の時点では本名や住所等の個人情報は一切必要ありません。
又、ご相談の時点で執拗にお聞きするような事もございません。
ご相談内容により、後ほどこちらからの回答を要するような場合は必要最低限のお電話番号やメールアドレス等(返信先)をお聞きする場合はございます。
実際のご依頼時には探偵業法に則った「書面の交付義務」に基づき、本名を始めとする正確な情報をご提供頂く事になります。




一度相談や見積もりを出してもらうと、その後に契約を勧められたり、執拗に催促されたりしそうで不安です・・


ご安心下さい。ご相談やお見積を頂きましてもその後に契約の催促をするような事は一切ございません。
逆にそのような行為(執拗な催促、強制的な契約の勧誘)を行っている業者は信用されない方がよろしいかと存じます。




調査が終了後に追加費用を請求されるような事はありませんか?


弊社の規定では、実際の調査行動に着手する前に必ず綿密な面談、打ち合わせ等を行っております。
料金につきましては、この打ち合わせ等により依頼者様の承諾、同意の得られた業務のみ実施する事を原則としております。

追加料金につきましては、「万が一、○○○の状況になったら○○円の追加料金が発生する可能性もあります。」といったように、追加料金の有無について明確に依頼者様にお伝えしております。
又、突発的に追加料金が発生するような状況となった場合でも、原則として依頼者様の承諾を得てから追加分の業務に着手致します。
一例では、
通常は、近距離(県内)しか移動しない人物を尾行して欲しいといった依頼→実際に尾行を開始してみると突然その対象者が電車に乗って他県遠方へ向かう→予想だにしていなかった事だが、それを調査員が追う為には電車の料金や追跡に要する時間が増し、追加料金が発生する」、といった急遽起こる事態でも原則としてその場で依頼者様の承諾を得てからの追跡となり、承諾を得られない場合は業務を続行いたしません。
基本的に、依頼者様の承諾を得ないで追加料金が発生する調査は行わない事にしておりますので不明瞭な追加料金を請求する事はございません。




調査を依頼したいのですが予算があまりありません。
決まった少ない予算内のみで調査をお願いできますか?


もちろんご相談下さい。依頼者様のご予算内で出来る範囲の調査、事柄を明確にご提案させて頂きます。
ご予算に合った調査計画を立案、施策致しますので、まずはお話しだけでもご相談下さい。




実際に調査をして欲しい対象人物は他県の遠方に住んでいます。
遠方での調査も可能でしょうか?


もちろん遠方の調査も可能ですが、調査員が宿泊を必要とする場合は宿泊費等も申し受けております事をご了承下さい。
「他県に単身赴任中の夫の行動を調査して欲しい」といったご依頼では遠方の調査も数多く頂く案件です。




パートナーが浮気をしている兆候があります。
しかし確実に浮気しているとは断定できない、怪しいという段階で調査を依頼できますか?


もちろん可能です。むしろ、本当に浮気をしているのかどうか?の真実を調べるのも探偵の重要な業務と考えています。
「何か怪しい・・、浮気かも・・?」と疑いのある時点での調査も是非ご相談下さい。
調査によって浮気している事実がなければ思い過ごしだった事が判明しますし、本当に浮気していた事が発覚すれば、その後の進むべき道もおのずと見えてきます。
まずは “真実” を確認する事が最も重要です。




パートナーが浮気しているようですが、おおよそ浮気する曜日や時間帯は判っています。
「この日の○○時~○○時まで調査して欲しい」、「○曜日と○曜日の○時間だけ調査して欲しい」といったピンポイントの時間だけの調査は依頼できますか?


もちろん狙いを定めたピンポイントの時間での調査も可能です。
弊社の調査活動料金(調査員の人件費)は1時間単位でのご依頼に対応するシステムとなっております。
おおよその怪しい日時が既に判明しているのであれば、依頼者様の無駄な出費を抑える為にも特定の時間だけを狙った調査をお勧め致します。




探偵と言えば浮気調査がメインだと思いますが、浮気とは関係無い事柄で人物の行動を調査して貰えますか?


もちろんご相談下さい。
「ある人物の素行、身辺の調査をして欲しい」といった、浮気や不倫に関する事柄以外での人物調査も多数承っております。
また一例では、「離婚してからもう何年も自分の子供に会っていないが、私の子供は元気なのか?今の状況が知りたい。」や、「ウチの会社の営業社員が外回りに出てサボっているようだ。どこで油を売っているのか調べて欲しい。」といった、「こんな事を探偵に頼めるの??」というような事柄でも往々にしてご相談やご依頼頂く案件ですので、一風変わった事柄でも是非お気軽にご相談下さい。
弊社では、探偵業務に関する有資格者、及び元警察官といった調査員も在籍しておりますので幅広い調査に対応しております。




最近騒がれている盗聴器に不安があります。
実際に盗聴器が仕掛けられているかどうか確信は無いのですが調査はしてもらえますか?


弊社は盗聴器や盗撮カメラの発見調査におきましても得意分野であり、実際に数多くの実績もございます。
又、盗聴や盗撮に関しましてメディアへの取材協力や掲載もさせて頂いております。
実際に盗聴器等が仕掛けられているかどうか?、少しでも不安のある場合はお気軽にご相談下さい。
むしろ、本当に仕掛けられているかどうかを調査によって明らかにする事に意味があると思いますので、「間違いなく盗聴器がある!」といった確信が無くともお気兼ねなくご相談下さい。




調査を依頼した場合、料金の支払いは現金ですか?


基本的には現金と銀行振り込みのお支払いにて承っております事をご了承下さい。




受けられない調査、依頼できない調査はどういったものがありますか?


少しでも犯罪に加担する、犯罪を幇助するような事柄の調査はお受けできません。
尚、以下↓のような事柄をご相談頂く事もございますが、そのような調査は一切お受けできませんのでご了承下さい。
■ストーカー行為、つきまとい行為を幇助するような事柄。
これらの行為に関与するような調査、業務の一切は行えません。
■DV被害に関して、保護命令の発令された人物、及びシェルター居住の人物に関する一切の調査、業務は行えません。
■貸金等の取り立て、債権等の回収に関する事柄。
これらに関与するような調査、業務の一切は行えません。
現在、法令により探偵業務として取り立て行為、債権回収行為等の代理人行為は禁じられております。
■反社会勢力、反社会組織、半グレ、暴力団、及び暴力団に関係する個人、暴力団に関係する企業、組織等においては調査、業務の一切は行えません。
■その他、犯罪行為、不法行為、条例違反となる事柄。
弊社では、犯罪行為、不法行為、条例違反となる行為に関与、幇助するような一切の調査、業務は行えません。